やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

所有してたら確実に「自動車税」貧乏! 古き良き大排気量「贅沢エンジン」搭載車5選

投稿日:

排気量6Lオーバーのマンモスエンジン搭載車

 昨今はダウンサイジングターボなどによるエンジンの小排気量化が進んでいることもあり、大排気量車は希少な存在になりつつある。という訳でここでは現行車ではない旧世代となる、排気量が6Lを超えるマンモスのような大排気量車をピックアップしてみた。

メルセデス・ベンツSクラス450SEL6.9(W116型)

 1972年に登場したSクラスとしては初代となるW116型に、モデルサイクル中盤となる1975年に追加された6.9L V8エンジンを搭載したスペシャルモデル。メルセデス•ベンツSクラス450SEL6.9(W116型)

 古いクルマだけに「蹴とばされたような加速」など、いろいろな説があるが、YouTubeで加速シーンを見ると意外にジェントルなフィーリングで加速力は現代でも通用するレベルだ。メルセデス•ベンツSクラス450SEL6.9(W116型)

 また、これだけ古い世代のクルマにも関わらず、メルセデス・ベンツらしい現代の交通環境にも十分対応する高速域でのスタビリティを備えていることにも驚かされる。メルセデス•ベンツSクラス450SEL6.9(W116型)

ダッヂ・バイパー

 シボレー・コルベットに対抗するアメリカンスーパーカーとして、初代モデルは1991年に登場。エンジンは歴代8L級のピックアップトラックにも使われていたV10エンジンを搭載していた。いかにもアメリカンスーパーカーらしいモデルだったのに加え、こんなクルマが3世代に渡り2017年まで販売されていたことにも驚く。ダッヂ・ヴァイパー

シボレー・コルベット

 アメリカンスーパーカーの代名詞でもあるコルベットは2代目と3代目モデル、現行モデルを含む6代目以降が6LオーバーのV8エンジンを搭載。シボレーコルベット

 6代目と7代目モデルにはスーパーチャージャーもあり、現行型となる8代目モデルでミッドシップとなったが、先代型となる7代目モデルまではFRという伝統を守り続けていた。シボレーコルベット

The post 所有してたら確実に「自動車税」貧乏! 古き良き大排気量「贅沢エンジン」搭載車5選 first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
所有してたら確実に「自動車税」貧乏! 古き良き大排気量「贅沢エンジン」搭載車5選

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.