やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

「スヌーピーのパジェロミニ」に「キティちゃんのミラージュ」!「異業種コラボ」で誕生したクルマ9選

投稿日:

街中で見かけたらラッキーなレアモデル

 企画してみると題材が意外と多かったので、2回に分けてお届けすることにしたコラボ・モデルのクルマたち。今回はまず“キャラクター系”から。といっても本稿の準備段階で筆者の頭に浮かんだのは奇しくも2台とも三菱車だった。

三菱パジェロミニ・スヌーピーエディションI & II

 まず1台目は「パジェロミニ・スヌーピーエディションI、II」だ。筆者は自宅の一室に数えたことのない数のスヌーピーのヌイグルミを集めている……訳ではないものの、1970年代に日本でも入手できたペーパーバック(原本と谷川俊太郎さんの訳本)で「PEANUTS」を楽しんでいたから、一応、スヌーピー・ファン歴は50年近くになる。
三菱パジェロミニ・スヌーピーエディションI & IIのカタログ

 もちろんスヌーピーは世界中の老若男女から愛されているから、マニアまたはファンで、このクルマにリアルタイムで乗ることができた人はさぞシアワセだったのでは? 実車は2000年3月と2001年10月の2度にわたりリリースされており、スペアタイヤケースを始め随所にゴーグル姿のスヌーピーやウッドストックがちりばめられていた。

 シートのワンポイントは当たり前(!?)として、ドアトリムがビッシリと“スヌーピー柄”だったのは、(実車は街で何度かお目にかかった程度だったが)きっとマニア心をくすぐったに違いない。

三菱ミラージュ・ミーツ・ハローキティ

 もう1台は、同じ三菱から登場した「ミラージュ・ミーツ・ハローキティ」。2013年11月、ハローキティ誕生40周年を記念して発売されたモデル。カタログの写真はヴィヴィッドなカシスパールメタリックだが、当時の全8色で選べた。ダイハツ・ミラージュ・ミーツ・ハローキティのカタログ というのもこのモデルはシートカバーを始めホイールキャップ、デカール、プレゼントのクッションなどのアイテムをパッケージの形で提供されたものだったから。当時、筆者は男子であるが、カタログと同じ色の用意があった広報車を1度、意を決して借り出し試乗と撮影をしたことがある(写真は広報車と、猫ではないが当時、我が家にいた先代の愛犬)。「異業種コラボ」で誕生したクルマ9選

フィアット・パンダ・アレッシィ

 一方で“お洒落ブランド系”とでも言うべきカテゴリーでは、2006年に発売された「フィアット・パンダ・アレッシィ」があった。キッチンウェアを中心に生活用品を手がけるイタリアのアレッシィ社自体、さまざまなデザイナーとのコラボで印象的な製品を数多く生み出してきたメーカー。フィアット・パンダ・アレッシィのカタログ バードケトルとか写真の爪楊枝入れ(1998年)などおなじみ。そのセンスでまとめられたのが同社で、ホイールキャップに、子どもをモチーフにした人のカタチのシンボルマークがあしらわれるなどしていた。

The post 「スヌーピーのパジェロミニ」に「キティちゃんのミラージュ」!「異業種コラボ」で誕生したクルマ9選 first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
「スヌーピーのパジェロミニ」に「キティちゃんのミラージュ」!「異業種コラボ」で誕生したクルマ9選

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.