やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

えっと、カタチと車名が一致しない! 記憶の片隅に残ってる「モヤモヤ国産車」10選

投稿日:

超マイナー車以上、ふつうの売れ筋車未満な薄口カーたち

 クルマに限らず、印象が薄いというのはよくある。すっかり忘れてしまえばスッパリしているのだが、形だけ頭の片隅に残っているなど、中途半端だとモヤモヤする。クルマの場合、大ヒットになれば鮮明に覚えているし、逆に超マイナー車であれば覚えていない可能性が高い。

 その中間的な、車名が出てこないクルマを10台集めてみた。所有していたり、現在も乗っている方にとっては車名は出てくるし、覚えているかいないかは人それぞれ。世間のイメージということでご勘弁を。

トランスフォームするコンセプトが強烈過ぎて車名が付いてこず

【日産エクサ/1986年発売】

 1986年に出た2代目エクサは、リヤまわりが脱着できてワゴンやクーペになったり、ピックアップにできる自由自在なスタイルだった。この点が強烈過ぎて逆に車名が出てこないし、出てきてもエクザと呼んだりすることも。ちなみに第7回 1986-1987カー・オブ・ザ・イヤー受賞車。日産エクサ

ワゴンブームは風前の灯火で日本での認知度は低かった

【トヨタ・アベンシス(3代目前期、日本仕様)/2011年発売】

 ワゴンブームも下火で、国内ではわざわざ開発するほどの需要はなかったことから、2003年にイギリスからの輸入が開始されたのがアベンシス。イギリス製のあれね、で終わってしまうこと多々あり。ちなみに写真は、欧州モデルとしては3代目となる2011年に日本導入仕様。トヨタ・アベンシス

「あ〜、所さんのCMでやってたよね!」なGM製Dセグ2ドアクーペ

【トヨタ・キャバリエ/1996年発売】

 アメリカとの貿易摩擦解消のために、トヨタが1996年に販売開始したのが、シボレーのキャバリエ。車名もそのままで、あまりにも売れないため、金色の通称=金キャバ、黒色=黒キャバなどが続々登場しつつも、やっぱり売れなかった。所ジョージがCMしていた「アメ車のトヨタ車」までは覚えている人は多いだろう。トヨタ・キャバリエ

発売が数年早ければヒット作になったかもしれない!?

【トヨタ・カレン/1994年発売】

 バブルの勢いで登場したものの、1994年では弾けたあとで需要がなかったセリカのノッチバッククーペ。アメリカではよく見かけたのだが、日本ではさっぱり。ただセリカにトランクが付いたのがあったというのは覚えていたりする。「そのクルマは可憐(カレン)」とCMやっていたし。トヨタ・カレン

一瞬で見分けることができたらマニア確定!

【トヨタ・カローラセレス&スプリンターマリノ/1992年発売】

 こちらもバブルの申し子のようなモデルで、当時流行ったサッシュレスの4ドアハードトップで、丸みを帯びたスタイルと極端に寝たサイドが特徴だった。トヨタ・セレスセレスはカローラ、マリノはスプリンターがベースで、カリーナEDやエクシブの弟分となる。「海からマリノ」という意味不明のフレーズもCMで流れていた。トヨタ・マリノ

The post えっと、カタチと車名が一致しない! 記憶の片隅に残ってる「モヤモヤ国産車」10選 first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
えっと、カタチと車名が一致しない! 記憶の片隅に残ってる「モヤモヤ国産車」10選

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.