やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

「こんなZが欲しかった!」現代流にカスタマイズされた珠玉の「S30フェアレディZ」

投稿日:

自動車業界人こだわりの愛機を紹介

 自動車業界で活躍する「カーガイ」は、普段どんな愛車に乗っているのだろうか? 今回紹介するのは2台の日産フェアレディZ(S30)。ホワイトのZのオーナーはエアロやホイールなどカスタマイズパーツを手がける「WALD(ヴァルド)」の松本規嗣氏。オレンジのZのオーナーはエアロパーツショップ「スピードフォルム」の川内 誠氏だ。

初出:HIACE style vol.87付録(一部加筆)

「スピードフォルム」のエアロを身にまとった2台のS30Z

 スタイリッシュな純正シルエットを崩すことなくエアロで疾走感を表現した2台のZ。ロング、ショートともに、そのパーツをメインで彩るのはスピードフォルムのボディキットだ。

 R31シルエットフォーミュラやカルソニックスカイラインなど、当時輝いていたニッサンのレーシングカーに魅了され、今ではS30、Z31、ハコスカ、ケンメリ用パーツをリリースしている。510ブルも現在開発中という、ニッサンが大好きな川内代表が率いるスピードフォルム。S30Z

 かたや、世界を股に掛けるチューナーズブランドとして名を馳せるヴァルド。その旧車部門を担うヴァルド・クラシックスは、ここに紹介しているロングノーズのZ以外にも10/20ソアラ、セリカXX、初代セルシオ、ケンメリなどを続々とスタンバイさせ、コンディションの良い旧車の車体を今風に仕上げて扱う。S30Z 今回紹介のZはスピードフォルムのパーツを中心にオリジナルのホイールでフィニッシュしているオリジナルデモカーだ。人とカブりにくい、自分だけのZにするには……を模索し、イマドキなデザインを取り入れつつもストックの姿にもリスペクト、その良さを生かしたカタチだ。しかも、これが完成形ではなく新たにサイドステップやオーバーフェンダーにもタイプ2を構想中というスピードフォルム。ニッサン愛に溢れた川内氏が作り出すさらなる進化形が本当に楽しみだ。

Gノーズが美しい松本Z

 ランプケースも特徴的なロングノーズスタイルのZ。ノーズが伸びたグリスレスの先鋭的なこのルックスに憧れた人も多いハズ!S30Z

 ランプケース、アッパー&ロワノーズ、バンパーなど5点セットで構成されるロングノーズセット。さらにリップもONしている。S30Z

 オーバーフェンダーはカーボンとFRPの2タイプを用意。20mmのブラインド効果があり、思った以上に車高が低く見える。S30Z

 カーボン素材のリヤウイング。往年の旧車を彷彿とさせるダックテールタイプのデザインが旧車ファンには泣ける仕様だ。S30Z シートは赤レザーのレカロ。ダットサンのコンペハンドルにシフトノブ、クスコのタワーバーなどで室内をスポーティに構成している。S30Z 2リッターからL28の心臓部へと換装済み。現代のクルマでは味わえないこのエンジン音を聴くだけでもテンションは爆上がりだ。S30Z 2ピース鍛造、17インチオンリーのヴァルドのクラシックFIN。5.5〜12.5Jを網羅。色はガンメタ×ブラックアルマイトリム。S30Z WALDでは今後旧車を素材にしたアルミホイールなどを開発する予定。松本規嗣氏曰く「楽しみながらカッコイイ商品を展開していく」とのことだ。S30Z

SPECIFICATION
●車名:フェアレディZ
●年式:1975年
●購入年:2019年
●エクステリア:スピードフォルム・ロングノーズフルキット(ランプケース、フロントバンパー、アッパーノーズ、ロアノーズ、カーボンリップスポイラー)/カーボンオーバーフェンダー/サイドステップ/リヤアンダースポイラーType1/リヤウイング
●インテリア:レカロシート
●機能パーツ:車高調整式ショックアブソーバー/ソレックスキャブ40φ/L28ユニット
●タイヤ&ホイール:WALD CLASSICS FIN(F17×9.5インセット−13、R17×10.0インセット−20)/Fトーヨー・プロクセス(205/45)、Rトーヨー(225/45)

The post 「こんなZが欲しかった!」現代流にカスタマイズされた珠玉の「S30フェアレディZ」 first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
「こんなZが欲しかった!」現代流にカスタマイズされた珠玉の「S30フェアレディZ」

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.