やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

熟成のサイバーナビやハイレゾ再生対応スピーカーなど続々発売! カロッツェリア2021冬の新作アイテムに注目

投稿日:

待望のサイバーナビ新作モデルが登場!

 動画配信サービスを存分に楽しめるようになる車載用Wi-Fiルーター「DCT-WR100D」など、魅力的なラインアップでユーザーを魅了しているカロッツェリア。2021年は、5月に高性能ドライブレコーダー「VREC-DH300D」を発売し、大ヒットとなっている。そして、10月5日、2021年冬の新製品として待望のサイバーナビ、各種スピーカーが発表された。

【サイバーナビ】

 サイバーナビは8機種が登場する。好評のNTTドコモ(以下ドコモ)が提供する車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」にもちろん対応。機種によって同梱もしくは別売りとなるネットワークスティックを接続することにより、ドライブ中にドコモのLTE高速データ通信を定額で無制限に利用可能になる。

サイバーナビ新作CQ912
AVIC-CQ912-DC

 車載用Wi-Fiとして利用できるため、同乗者がスマートフォンやタブレットで、動画や音楽、ゲームなどデータ通信量を気にせず楽しむことができる。さらに、「ストリーミングビデオ」でYouTube動画の直接操作・再生や、「Amazon Fire TV Stick」を接続することで、多彩な映像コンテンツを楽しめるのも見逃せないだろう。「docomo in Car Connect」は、3つの利用プラン(1日350円/30日1650円/365日1万3200円・すべて税込)が用意されている。なお、ネットワークスティックセット(-DCモデル)を購入すると、「docomo in Car Connect」を1年間無料で利用可能だ。

  レコーダーアクセスは、自宅のブルーレイレコーダー内にある映像コンテンツを遠隔再生できる機能も搭載している。ペアリング専用アプリ「DiXiM Play for carrozzeria 」をインストールしたスマートフォンと、機能に対応した自宅のブルーレイレコーダーやチューナーをペアリングし、さらにサイバーナビともペアリングすることで自宅で録画した番組などをストリーミング再生可能だ。アウトドアなど遠方へ出かけた際など、今すぐに見たい! という番組を視聴可能になるのはありがたいという人も多いのではないだろうか。

CW912
AVIC-CW912-DC

 車内ネットワーク機能はもちろん魅力的だが、サイバーナビ本体の性能も磨きをかけている。ディスプレイは高精細HDパネルを採用したことでHD解像度に対応。カーナビの地図画面はもちろん、エンターテインメントのストリーミング映像なども、高コントラストかつ高解像度で描画し繊細な色合いを楽しめる。

 さらにはハイレゾ音源が再生できるほか、「マスターサウンドリバイブ」機能を搭載したことでCDや圧縮音源、ネットワーク動画やDVD/SD/USBなどの映像ソースもハイレゾ音源相当にアップグレード可能。車内で臨場感あふれるサウンドを楽しめるので、存分にエンターテインメントを楽しめること間違いなしだ。

 ネットワークスティックやWi-Fiテザリングを利用することで、自動で地図を更新できるので手間なくつねに最新の地図でドライブできる。しかも追加費用なしで更新できるバージョンアップが最大3年分(発売時から2024年10月31日まで)付いているのはうれしい。最新の道路や地点データを反映可能となっている。また、MapFanスマートメンバーズ向けとして、最新データバージョンアップ期間を最大4年間に1年延長する(2025年10月31日まで更新可能)特典も用意される。

 本体デザインも非常にスタイリッシュだ。コンソールとの一体感がある「フルフラットデザイン」を採用。さらに、ディスプレイに溶け込んだフラットなハードキーにより実現した先進的なデザインは、サイバーナビの真骨頂だ。

CQ912正面
AVIC-CQ912

 ありがたいのは、「画面明るさ切替設定」が追加されたこと。昼間にヘッドライトが点灯した際、本体画面が暗くなってしまって視認性が下がってしまうのを回避するもの。イルミ連動、時刻連動のふたつを状況に応じて選択できる。

 カーナビゲーションの基本性能も抜かりはない。10年以上にわたって培った膨大な渋滞予測データ、リアルタイム走行・交通情報を分析し提供される「スマートループ渋滞情報」、専用サーバーから最適なルートを導き出す「スーパールート探索」など、快適なドライブに貢献してくれる機能も搭載している。

 そのほかにも気になる目的地などを登録でき、楽しいドライブをサポートしてくれるアプリ「MapFanコネクト」の対応。さらに、前方風景の画像認識・解析により周囲のさまざまなリスクや状況変化を検知する「ドライブサポート」機能を搭載するマルチドライブアシストユニット「ND-MA2(別売)」にも対応する。今回発売される8機種は下記のとおり。

●LS(ラージサイズ)メインユニットタイプ
AVIC-CQ912-DC/AVIC-CQ912/AVIC-CL912-DC/AVIC-CL912
オープン価格(11月発売予定)

●200mmワイドメインユニットタイプ
AVIC-CW912-DC/AVIC-CW912
オープン価格(11月発売予定)

●2Dメインユニットタイプ
AVIC-CZ912-DC/AVIC-CZ912
オープン価格(11月発売予定)

※型番のDCモデルはネットワークスティックがセットになったもの

The post 熟成のサイバーナビやハイレゾ再生対応スピーカーなど続々発売! カロッツェリア2021冬の新作アイテムに注目 first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
熟成のサイバーナビやハイレゾ再生対応スピーカーなど続々発売! カロッツェリア2021冬の新作アイテムに注目

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.