やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

実は「ド旧車」より維持が困難! 憧れの「ネオクラシックカー」を買う前に絶対チェックすべきポイント3カ条

投稿日:

魅力的なクルマが多いものの購入するには注意が必要

 80年代から90年代にかけて登場した、いわゆるネオクラシックカーと呼ばれるモデルたち。アラフォー世代以上の人間にとってはそこまで古いイメージはないかもしれないが、最近免許が取れる年齢になった世代からしてみれば生まれる前のクルマということになり、立派なクラシックカーとなっている。そんな昔懐かしいネオクラシックカーが欲しいと思ったとき、どんなところに注意したらいいのだろうか?

警告灯が点灯していないか確認

 まず、この年式のクルマを狙う場合に確実にチェックしておきたいのが、エンジン警告灯が点灯していないかどうかだ。この辺りの年式の車両は電子制御システムが多く使われるようになってきているため、警告灯が点灯していれば、何かしらのトラブルが発生していることの証となる。

エンジン警告灯

 もっと古いクルマであれば機械式の制御が中心のため、修理することも不可能ではない。だが、ECUの不具合は簡単に修理をすることも難しく、新品の部品はすでに製廃となっていることも多い。

 さすがにいつ壊れるかまではわからないが、少なくても購入時から壊れている個体を掴んだりしないようにしたいところだ。

樹脂ヘッドライトの黄ばみに注意

 そして意外と見落としがちなのが灯火類。この辺りの年式となると、ガラスのヘッドライトではなく樹脂製のヘッドライトを採用しているモデルも登場し始めている。樹脂ヘッドライトが曇ってしまっていると見た目も良くない上に、最悪の場合車検に通らない可能性も出てきてしまう。年式的にも新品の供給があるかどうか微妙なため、灯火類の状態にも気を配っておきたい。

ヘッドライトの黄ばみ

ライト以外にも注意が必要な樹脂製パーツ

 ほかにも注意しておきたいのが樹脂パーツの劣化だろう。前後バンパーやモール類、エンブレムにいたるまで、多くのパーツが樹脂に置き換えられたこの年代の車両だが、樹脂の劣化によってパーツがボロボロになってしまうと復旧することは難しい。

樹脂の色あせ

 さすがにバンパーくらい大型であれば、ある程度補修もできるが、細かなモールやエンブレムは新品がなければそれで終了となってしまう。今では3Dプリンターもかなり普及してきているので、不安な人は形がある間にデータ化してしまうというのもひとつの手段かもしれない(それなりに勉強が必要だが)。

The post 実は「ド旧車」より維持が困難! 憧れの「ネオクラシックカー」を買う前に絶対チェックすべきポイント3カ条 first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
実は「ド旧車」より維持が困難! 憧れの「ネオクラシックカー」を買う前に絶対チェックすべきポイント3カ条

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.