やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

6速MTのランボルギーニ「ムルシエラゴ」が約5360万円で落札! アウディ傘下に入って「カウンタック」に原点回帰したデザインを採用

投稿日:

今後の価格変動に注目

2024年5月10日、RMサザビーズがモナコで開催したオークションにランボルギーニ「ムルシエラゴ」が出品されました。ファーストオーナーはドイツのシュトゥットガルトに在住する人物で、2005年まで所有。その後ヨーロッパを転々としています。その間の整備やメンテナンスはきちんと行われている個体でした。気になる落札価格は……。

ランボルギーニの運命を変えた1台

それまでV型12気筒エンジンをリアミッドシップするモデルとして、1990年代を通じて「ディアブロ」を生産し続けていたランボルギーニが、それに代わる新型車を市場に投じようと計画していたのは1999年のことだった。

すでにプロトタイプはザガートのボディデザインを採用して完成しており、テストのために実走行する姿も1998年頃には頻繁に捕えられるようになっていた。だがここでランボルギーニには、その後の運命を左右する大きな歴史的転機が訪れる。

1998年、ランボルギーニはアウディの手中に収まり、それまでの12気筒プロトタイプの計画は白紙撤回されたのだ。あらたにアウディがタイムリミットとして設定したのは2001年。その間の2年弱で、まったく新しいモデルを開発するという挑戦は、ディアブロをさらに延命し、同時にそれをさらに正常進化させるという方向で行われることになった。

そのような事情からも想像できるように、社内コードで「L147」と呼ばれていた次期モデルの開発で最もこだわったのは、ボディデザインだった。

V型12気筒というエンジン形式は、かのパオロ・スタンツァーニの発想で実現した独特な搭載方法を含め、この時点で変更の余地は皆無であったし、またアウディ自身もそれは望むところではなかった。スチール製のスペースフレームを基本骨格とするというコンセプトも、これもまた見直しは不可能である。

デザインこそがランボルギーニの12気筒モデルにあらたな魅力を生み出し、同時に時代の変化をカスタマーに印象づける。アウディの考えはあながち間違いだったとはいえないだろう。

The post 6速MTのランボルギーニ「ムルシエラゴ」が約5360万円で落札! アウディ傘下に入って「カウンタック」に原点回帰したデザインを採用 first appeared on AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ).
元の投稿: Auto Messe Web
6速MTのランボルギーニ「ムルシエラゴ」が約5360万円で落札! アウディ傘下に入って「カウンタック」に原点回帰したデザインを採用

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2024 All Rights Reserved.