やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

「世界一美しいクーペ」が約435万円で落札! 今後高騰が見込めるBMW「635CSi」を購入するなら今がチャンスかも

投稿日:

今ならまだリーズナブル?E24系6シリーズのオークションを追う

かつては「ユーズドカー」として、非常に安価なプライスで流通していたクルマが、近年のクラシックカー市場高騰にしたがって、コレクターズアイテムへと変身する事例は少なくないです。今回はその一例として、英国の「アイコニック・オークショネアーズ」社が、2024年5月第3週末に開催した定例オークションに出品させたBMW「635CSi」を俎上に乗せ、そのモデル解説と、注目のオークション結果についてお伝えします。

美しいスタイリングとパフォーマンスを両立した初代6シリーズとは?

BMWが1976年にデビューさせた初代「6シリーズ」(E24系)は、20世紀後半におけるドイツ最高の高性能クーペのひとつ。エレガントなスタイルとパフォーマンスを両立した、グランドツアラーの名作といえよう。

同時代のE12系「5シリーズ」のフロアパンや主要コンポーネンツを流用し、このころから「エンジン屋」の称号で呼ばれるようになったBMWの面目躍如ともいうべき、「シルキーシックス」こと、ビッグブロックの直列6気筒SOHCエンジンを搭載している。また、2年後にデビューすることになるBMWのフラッグシップ、E23系「7シリーズ」のための新機軸も先行採用されていたという。

当初はキャブレター仕様の「630CS」、またはボッシュ製Lジェトロニック燃料噴射装置(633CSi)を搭載した「633CSi」として発表されたが、2年後に発表された「635CSi」では3.5Lまでエンジンのスケールアップが図られ、多くのファンにとってE24系6シリーズの決定版となった。

控えめなフロントエアダムスカートと、ソフトな樹脂製トランクリッドスポイラーを備えた635CSiでは、それまで4速だったマニュアルトランスミッションに、初めて5速が設定された。

また、美しく整備されたキャビンは大人4人がゆったりとくつろぐことができるいっぽう、ドライバー側に湾曲したコックピットスタイルのダッシュボードレイアウトとインストルメントパネルは、のちのBMWのスタンダードとなった。

さらに新機能として、電球やフルード類のレベル、ブレーキパッドをモニターするチェック・コントロールシステムが搭載された。これは、現在の高級車では当たり前だが、当時はまさしく革新的な装備だった。

世界がオイルショックに喘いでいた1976年のモーターシーンに登場した時代から、スタイルとメカニカルの双方で、BMWの才能を象徴していたこの美しきクーペは、つねに時の試練に耐え、あらゆる場所でも周囲を感嘆させる能力を備えていたのだ。

>>>BMW LIFEはこちら

The post 「世界一美しいクーペ」が約435万円で落札! 今後高騰が見込めるBMW「635CSi」を購入するなら今がチャンスかも first appeared on AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ).
元の投稿: Auto Messe Web
「世界一美しいクーペ」が約435万円で落札! 今後高騰が見込めるBMW「635CSi」を購入するなら今がチャンスかも

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2024 All Rights Reserved.