やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

なんとフォード「シエラRS500コスワース」が約3780万円で落札! 高額の理由はノンレストア、低走行、温度管理されたガレージ保管だったから

投稿日:

グループA時代のスター、フォード「シエラRS500コスワース」

1980年代のグループA時代には、数多くの魅力的なツーリングカーが出現し、それらは今なお「ヤングタイマー・クラシック」の人気車として君臨しているのはご存知のとおり。さらに、一部モデルに公式設定された「エボリューションモデル」は、現在のスーパーカーにも匹敵する価格で取り引きされています。今回は、英国の自動車オークションビジネス界では比較的新興勢力である「アイコニック・オークショネアーズ」社が、2024年5月第3週末に開催した定例オークションに現れた、フォード「シエラRSコスワース」を俎上に乗せ、モデル解説とオークション結果についてお伝えします。

レースで勝つためのエボリューション化が施されたフォード「シエラ」とは?

1985年のジュネーブ・モーターショーで初公開されたフォード「シエラRSコスワース」は、当時グループA規約で戦われていたヨーロッパのツーリングカーレースで、総合優勝を狙う「ディヴィジョン1」を想定して開発されたホモロゲーションモデルだった。

コスワースが開発と製作を担当したエンジンは、当時の量産型シエラ用ユニットのコンポーネンツをいくつか流用したが、実質的には別もの。軽合金ヘッドを持つ2L直列4気筒DOHC 16バルブで、「ギャレット」社製T3型ターボチャージャーと空冷式のインタークーラー、イタリアの「ウェーバー・マレッリ」社と共同開発したECUを搭載し、最高出力204psを発生した。

このエンジンとともに誕生したシエラRSコスワースは、1986年シーズンに向けて5000台の規定生産台数をこなし、FIAグループAホモロゲーションを獲得。グループA時代のサーキットレースで輝かしい戦果を収めてゆく。

しかし、レースの世界では常にアップデートが求められ、また、当時はシーズンごとにレギュレーションが改定されるのが当たり前のこととされており、グループAでもサーキットレース用の「スポーツ・エボリューション(ES)」規約が施行。500台(1992年以降は250台)以上の追加生産が必要とされ、それに対応したベース車両、いわゆる「エボリューションモデル」が求められてゆくことになる。

そこで新たに開発されたのが、ホモロゲーションモデルであるシエラRSコスワースのエボリューションスペシャル、「シエラRS500コスワース」だった。

RS500は、レースでのポテンシャルを向上させることを主眼とする変更を可能としたES規約に基づき、コーチビルダーの「ティックフォード」社の協力のもと、グループAの規定生産台数の10%にあたる500台が手作業で組み立てられたという。

コスワース製エンジンにターボチャージャーの大型化などのチューンを加え、市販モデルでも最高出力227psを発生。駆動系も強化されたうえに、リアスポイラーの増設によりダウンフォースも大幅に増加することになる。

その車名のとおり、きっかり500台が生産されたといわれるRS500コスワースは、その大半(392台)が「ブラック」、56台が「ダイヤモンド・ホワイト」、52台が「ムーンストーン・ブルー」で仕上げられた。

RS500は生来の目的を果たすように実戦投入され、1988年シーズンの「ETC(欧州ツーリングカー選手権)」ではディヴィジョン2でクラス優勝を集めたBMW「M3」勢を破って製造者部門の年間タイトルを獲得。

また「全日本ツーリングカー選手権」でも1987年シーズンからプライベーターによって参戦。日産「スカイラインGT-R」(R32系)によってシリーズが席巻される直前までシリーズタイトル争いの常連となっていたことを、ご記憶されている方も多いに違いない。

The post なんとフォード「シエラRS500コスワース」が約3780万円で落札! 高額の理由はノンレストア、低走行、温度管理されたガレージ保管だったから first appeared on AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ).
元の投稿: Auto Messe Web
なんとフォード「シエラRS500コスワース」が約3780万円で落札! 高額の理由はノンレストア、低走行、温度管理されたガレージ保管だったから

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2024 All Rights Reserved.