やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

フルチューン済み、ノイエ・クラッセのBMWの相場感は?「1800TI」のFIA公認済みの個体なら800万円程度が妥当!?

投稿日:

完全レースカー仕立ての「ノイエ・クラッセ」がオークションに

世界でもっともディープな自動車趣味王国、イギリスのオークションでは、日本ではめったに見られないようなクラシックカー/コレクターズカーの出品に唸らされることもあります。今回は、英国の自動車オークションビジネス界では比較的新興勢力である「アイコニック・オークショネアーズ」社が、2024年5月第3週末に開催した定例オークションに現れた、クラシック・ツーリングカーレース用にフルチューン済みのBMW「1800TI」、いわゆる「ノイエ・クラッセ」を俎上に乗せ、モデル解説とオークション結果についてお伝えします。

1960年代のツーリングカーレースで活躍

BMWの「ノイエ・クラッセ」シリーズといえば、1961年デビューの時代背景を考えれば先進を究めた設計と上質なつくりで、後継車である歴代「5シリーズ」をはじめとする、のちのBMW製リムジーネ(セダン)の指標を規定した傑作。また第二次大戦後、苦境に陥っていたBMWを一気に立て直した救世主としても知られる。

しかしヨーロッパのレースファンの間では、創成期の「ETC(欧州ツーリングカー選手権)」や、西側ヨーロッパ各国のツーリングカー選手権で大活躍し、現在でもなおクラシックカーレースで目覚ましい戦果を挙げているツーリングカーレース用マシンとしての資質も周知されているようだ。

開祖BMW「1500」をはじめとする、ノイエ・クラッセ全モデルに搭載されたのは、アレックス・フォン・ファルケンハウゼン技師が開発した、クロスフローSOHCの直列4気筒「M10」型とその派出ユニット。このエンジンは地味な出自にもかかわらず、のちにフォーミュラ2用としてタイトルを総なめにしたうえに、ターボチャージャーを組み合わせて1000ps超えのパワーを発生し、F1世界選手権王者の基礎ともなった名機である。

いっぽうノイエ・クラッセでは、1500の上級モデルとして「1800」が1963年にデビュー。間もなく、チューニングメーカー「アルピナ」の開発によるツインキャブレターキットを組み込んだ、よりスポーツ性の高いバージョン「1800TI(ツーリング・インターナショナル)」も登場する。そして1800TIのホモロゲートモデルとして、よりパワフルかつ軽量で、サーキット走行に特化した伝説のスペシャル「1800TI/SA」につながった。

TI/SA用M10エンジンは、圧縮比アップと2基のウェーバー社製大口径キャブレターを装着することで、130psのパワーを獲得した。また、ゲトラグ社製の5速ギアボックス、より強力なフロントアンチロールバーと新しいリアアンチロールバー、TIよりも大径のブレーキディスクも装備され、1964年から1966年にかけて 200台が製造されたが、当時購入できたのは、ライセンスを受けたレーシングドライバーやスポーツドライバーだけだったという。

今回のオークション出品車は、残念ながらオリジナルの1800TI/SAではない。しかし、現代のBMWスペシャリストの手によって、往年の1800TI/SAと同等か、それ以上のチューニングが施された個体だったのだ。

>>>BMW LIFEはこちら

The post フルチューン済み、ノイエ・クラッセのBMWの相場感は?「1800TI」のFIA公認済みの個体なら800万円程度が妥当!? first appeared on AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ).
元の投稿: Auto Messe Web
フルチューン済み、ノイエ・クラッセのBMWの相場感は?「1800TI」のFIA公認済みの個体なら800万円程度が妥当!?

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2024 All Rights Reserved.