やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

元ジェイ・ケイのBMW「3.0CSLバットモービル」はプレ値がつく!? ル・マン・クラシックで2連勝した個体でも3000万円ほどだった理由とは

投稿日:

元ジェイ・ケイ所有の“バットモービル”

AMWでは、BMWのクラシックモデルのなかでも特にアイコニックなモデル「バットモービル」こと「3.0CSL」の出品されたオークションを、これまでしばしば追いかけてきましたが、今回はベースモデルである「3.0CS」をモディファイしたレプリカ仕様車ながら、特別なヒストリーを持つ1台に注目しました。じつはこの個体には、ヨーロッパ中のクラシックカーレースを荒らしまわったうえに、さる「レジェンド」が一定期間所有したという来歴があったのでした。

BMWのモータースポーツ史に輝く名作、3.0CSLとは?

1968年にデビューした美しき4座クーペ「2800CS」に端を発するBMWの「E9」シリーズは数々のレースで成功を収め、欧米のエンスージアストから賞賛を浴びたが、なかでも「3.0CSL」は重要なモデル。当時全欧で絶大な人気を誇っていた「ヨーロッパ・ツーリングカー選手権(ETC)」の王座獲得を目指し、FIA(国際自動車連盟)ホモロゲートを取得するために開発されたエボリューションモデルである。

1970年10月、BMWは2800CSのエンジン拡大版「3.0CS」を発表。そのかたわら既定路線として、当時のETCにおける宿敵、より小型・軽量なフォード「カプリRS」やオペル「コモドーレ」に対する競争力を向上させるため、CSの大幅な軽量バージョンをアルピナとともに開発する。そして、当時のETCの対象だったFIAグループ2ホモロゲーションの取得を目的としたエボリューションモデルこそが3.0CSLだった。

ドイツ語において「軽い」を意味する「Leicht」の頭文字「L」を添えた車名が示すように、左右ドアやボンネット、トランクリッドをアルミ化しただけでなく、ルーフやフロントノーズのスチールパネルも薄板化を図り、フロント/リアウインドウには薄板のラミネートガラスが採用された。

また、車内の防音材は排除され、フロアカーペットも薄いものに取り換え。ボンネット固定はメッキ仕上げのボンネットピンに置き換える徹底ぶりで、ホモロゲート申請の車両重量は3.0CSの1400kgから約200kgのダイエットに成功したとされている

直列6気筒SOHCの「ビッグシックス」エンジンは、当初3.0CSと共通となるツインキャブレターつき2985cc、180psとされていたが、1972年モデルの、いわゆる中期型ではインジェクション化されるとともに3003ccに拡大。さらに1973年モデルとなる後期型では、3153cc、206psにパワーアップされた。

しかし、3.0CSLをもっとも印象づけているのは、やはり「バットモービル」という愛称のもととなった、大胆不敵なエアロパーツであろう。これは、1972年シーズンからFIAグループ2規約が厳格化し、空力付加部品も市販モデルと共通の形状であることが求められた結果とされる。

中期型から採用されたこの空力パーツは、ノーズ下部を覆いつくすエアダムスカートや、極めて大型のリアウイング、ルーフ後端に設けられたスポイラーなどで構成。当時設立されたばかりの「BMWモータースポーツ」(現在のBMW M社)と、シュトゥットガルト大学との共同開発によるものと言われている。ただ、翌年になると西ドイツ国内の交通法規が厳格化されたことから、1973年生産の後期型ではバットモービル状態での販売は中止。この年をもってすべてのCSLが生産終了し、総計わずか1039台の稀少車となった。

そしてサーキットにおける3.0CSLは、トワーヌ・ヘゼマンスとともに1973年のETC選手権を制したことで、生来の目的を果たしたのである。

>>>BMWの最新情報を知るなら「BMW LIFE」

The post 元ジェイ・ケイのBMW「3.0CSLバットモービル」はプレ値がつく!? ル・マン・クラシックで2連勝した個体でも3000万円ほどだった理由とは first appeared on AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ).
元の投稿: Auto Messe Web
元ジェイ・ケイのBMW「3.0CSLバットモービル」はプレ値がつく!? ル・マン・クラシックで2連勝した個体でも3000万円ほどだった理由とは

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2024 All Rights Reserved.