やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

世界限定500台の特別なアルファ ロメオ「ジュリアGTAm」がおよそ2700万円で落札…もう少し寝かすと価値が上がりそうな物件です

投稿日:

わずか500台だけの特別なジュリア

2024年5月10日、RMサザビーズがモナコで開催したオークションにアルファ ロメオ「ジュリアGTAm」が出品されました。合計でわずか500台のみが生産されたジュリアのGTA/GTAm。エスティメート(推定落札価格)は15万~20万ユーロ(邦貨換算約2560万円〜約3420万円)に設定されていましたが、あくまでも目安にすぎず、最低落札価格は設定されていませんでした。

日本仕様の新車価格は2198万円

アルファ ロメオのファンにとって、1965年に発表された「ジュリア スプリントGTA/GTAm」は、やはり特別な存在といえるモデルだろう。そもそもGTAとは、「Gran Turismo Alleggerita(グランツーリスモ アレジェリータ)」の頭文字を意味する。アレジェリータとは軽量化を意味し、さらにGTAmの「m」はモディファイド、つまりGTAをさらに高性能なマシンに仕上げるためにさまざまな軽量を施したことを物語っている。

そのジュリア スプリントGTA/GTAmが現代に復活したのは2021年のこと。ベースとなったのは、フロントフェンダーに備えられるバッジが物語るとおり、「ジュリア クアドリフォリオ」で、そもそも高性能グレードとして存在したクアドリフォリオを、アルファ ロメオやそれに関係するエンジニアが、いかにより魅力的なモデルに仕上げるのかには大きな興味が集まった。そして彼らがその期待を裏切らなかったことは当然の結果だったのだ。

今回RMサザビーズのモナコ・オークションに登場したモデルは、より軽量化を進めるなど徹底的なチューニングを施した2022年式のGTAm。エスティメート(推定落札価格)は15万~20万ユーロに設定されるが、それはあくまでも目安にすぎず、最低落札価格は設定されていない。オークションの経緯によっては、意外にリーズナブルな価格でそれを手に入れることさえも可能なのだ。ビッター(入札者)の注目度が高まるのも当然のことといえるだろう。参考までに新車時の価格は、日本仕様では2198万円(約17万ユーロ、当時の為替レートによる)。コレクターズアイテムとしては、まだまだ目が離せないオークションであることは確かだ。

軽量化がチューニングの第一の目標というだけあって、GTAmにはGTAよりもさらに徹底したボディまわりのモディファイが施されている。伝統のグリル・デザインはそのままに、ここから冷却用の新鮮なエアを取り込む効率的な形状を実現。リアには4段階に角度を変化できる大型のウイングが装着されるが、それをはじめサイドスカートや長さを2段階に調節できるフロント・スプリッターなどが、いずれもカーボン素材を用いて成形、装着されている。

The post 世界限定500台の特別なアルファ ロメオ「ジュリアGTAm」がおよそ2700万円で落札…もう少し寝かすと価値が上がりそうな物件です first appeared on AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ).
元の投稿: Auto Messe Web
世界限定500台の特別なアルファ ロメオ「ジュリアGTAm」がおよそ2700万円で落札…もう少し寝かすと価値が上がりそうな物件です

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2024 All Rights Reserved.