やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

日本に憧れる、USAセダンオーナーが作り上げたジャパニーズなVIP

投稿日:

憧れ続けた日本のVIP魂を

異国の地、アリゾナで継承する

日本のVIPにあこがれを持つアメリカのオーナーたち。シーンを牽引するのは、スポーティ&ラグジュアリーなレクサスが中心。そんなジャパン愛で出来上がった、US VIPなオーナーの世界を紹介しよう。

 

【2010y LEXUS LS460】

日本のVIP文化をアメリカに発信する「共栄USA」が、現在のアナハイムへと移転する前。アリゾナ時代からの常連がこのLEXUS LS460のオーナーだ。日本のVIP文化に憧れ、若くしてLS460を入手。尊敬する日本のVIPを目指して、これまでコツコツと仕上げてきた。

4年前にノーマルのホワイトボディを入手し、フルエアロと足まわりを組んだシンプルスタイルからスタート。それからというもの、毎年SEMAショーに参加するためリメイクを重ねてきた。

まず、2014年には外装をマットピンクへと大きく変貌。その翌年にはフロントとリアを後期仕様にスワップし、ボディはマットグレーに変更。そして、2016年のSEMAショーでは、今回紹介するブルー/パープル/カッパーの3色が織りなすマジョーラボディを披露した。

このカラーチェンジに関して、価値観は日本と大きく異なる。というのも、アメリカではラッピングが主流だということ。手間や予算がかかるペイントよりも、傷がついたら剥がして貼りなおすという合理的な発想がアメリカだ。

ちなみに、ホイールはアメリカでも絶大な人気を誇るのが「ワーク」。JDM好きのワーク装着率は圧倒的に高い。


エンジンルームに描かれた修羅のデザインは、日本の刺青文化に対する憧れを表現したもの。

「自分のタトゥーを他人に見せたがるアメリカンスタイルと異なり、日本のスタイルは見えないところに彫る。そんな奥ゆかしさが好きです」という理由で、あえて普段は見えない部分=ボンネットの下に描かれる。

憧れの日本文化と彼自身のオリジナリティ。その融合であるこのUSスタイルVIPセダンが、今も広大なアリゾナの空の下を悠然と走り抜けている。USAスタイル、ジャパンスタイル、VIPスタイル、レクサス、ジャンクションプロデュース、エイムゲイン

USAスタイル、ジャパンスタイル、VIPスタイル、レクサス、ジャンクションプロデュース、エイムゲイン
USAスタイル、ジャパンスタイル、VIPスタイル、レクサス、ジャンクションプロデュース、エイムゲイン

▶Body Color: Blue, Purple, Copper ▶Engine / Engine Bay: Lexon Exclusive axle back exhaust ▶Exterior: Aimgain VIP GT body kit, Aimgain fenders, Toyota Japan OEM window visors, Custom color vingl wrap by EA Wraps ▶Interior: Aimgain pedals, Beat Sonic NAV/DVD bypass, Aimgain neckpads, Black suede headliner, Custom trunk, Subwoofer enclosure ▶Suspension: ACC Air Runner “On the Ground” system, Air Lift autopilot V2 management ▶Brakes: Front/Brembo Calipers painted white, Rear/Stock calipers painted white, EBC Rotors front&rear ▶Wheels: WORK GNOSIS(F10J・R11J-21inch) ▶Lug Nuts: T-Demand ▶Tires: TOYO T1R(F255/30・R285/30-21inch)

OWNER::Cesar Luna

 

 

半艶のオリーブグリーンに彩られた

アメリカ的スポーティVIPの魅力

【2006y LEXUS IS350】

スポーティなVIPセダン。この言葉にふさわしい車輌というのは、実のところ日本よりもアメリカの方が正しい解釈をしているような気がしてならない。日本と違って広大な土地を持つアメリカは、近隣に迷惑をかけることなく持ちうるパワーと速さを存分に楽しめる環境がある。

逆に、一般道やフリーウェイの道路環境は日本と比較にならないほど酷く、バネサスでベタベタに落とした車高短乗りにはリスクが大きい。だからチューニングを楽しむ人が圧倒的に多く、それと比較してVIPオーナーは数少ない。もしVIP的にイジりたいのであれば、バネサスではなくエアサスという選択が多いとか。

つまりアメリカは、スポーティなクルマを楽しむことが当たり前という土壌があり、そこに車高短カルチャーがミックスされたのだ。このレクサスIS350のような、ミドルチューンを施しつつもオーバーフェンダーとエアサスで、ワイド&ローにキメたスポーティVIPが好まれるのは当然の理屈なのではないだろうか。

実際に走らせて楽しむことを知っているからこそ、 “スポーティ”の本当の言葉の意味も理解している。見せかけではないこのスタイルに、今度は日本人が挑戦しなければいけない時期がきたのだ。

エアロは「エイムゲイン」で統一しているが、あえて同社のなかでブランドミックス。フロントバンパーは『純VIPエグゼ』、サイドステップと前後オーバーフェンダーはIS-F用『純VIP GT』、そしてリアバンパーは先代レクサスIS用『純VIP GT』と、3種類をミックス。それでも違和感がない仕上がりや、半艶のオリーブグリーンというボディカラーのセレクト然り、日本人の発想にはないのかもしれない。USAスタイル、ジャパンスタイル、VIPスタイル、レクサス、ジャンクションプロデュース、エイムゲイン

USAスタイル、ジャパンスタイル、VIPスタイル、レクサス、ジャンクションプロデュース、エイムゲイン
USAスタイル、ジャパンスタイル、VIPスタイル、レクサス、ジャンクションプロデュース、エイムゲイン

SPECIFICATION

▶Body Color: Green ▶Engine / Engine Bay: Body color paited engine cover, gold powder coated strut brace, PPE headers, PPE custom mid pipe, HKS exhaust, LMS intake ▶Exterior: Semi gloss clear coated OEM desert sage metallic paint, Aimgain body kit, Aimgain over fenders, IS F fenders, Seibon carbon hood(for IS F), 20IS OEM LED headlights, 78works taillights(smoked), custom model 2014 IS350 Fsport bumper ▶Interior: Black stainless wrapped wood grain, body color painted pieces, illumm door sills, Race pedals, Aimgain pillaws neck pads ▶Suspension:  ACC Air Runner ▶Brakes: OEM Brembo calipers 24K gold plate, EBC slotred dimpled rotus ▶Wheels: SSR Executor CV01(F10J・R11.5J-19inch) ▶Tires: Bridgestone Potenza(F245/35・R285/30-19inch)

OWNER:Drew Meyer

 

日本でも滅多に見られない

驚愕の純正リムジンをベース

【1990y TOYOTA CENTURY】

全長約5.8m、ホイールベースは約3.5m。トヨタが一時期だけ正式に製作した初代センチュリー4.0Lタイプ・リムジン・HタイプのVIP仕様が、アメリカに存在する。オーナーは、はじめに紹介したマジョーラカラーのLS460を所有するCesar Lunaだ。

彼はLS460だけではなく、地元であるアリゾナから世界に憧れのVIPの魅力を発信し続けるために、もう1台の愛車を手に入れていたのだ。当初は、「ワークユーロライン」のホイールや、「エアランナー」のエアサスによるシンプルなローダウンスタイルでカスタム。その後、「ジャンクションプロデュース」のボディキットを装着し、ド迫力のLimo VIPが完成させた。

ノーマルはメッキバンパーが装着されていることもあり、「ジャンクションプロデュース」の装着はVIP感を強調するための必需品だったという。

そして、ホイールはすでに廃盤の『ワークユーロライン』。しかし、時代に合わせたスタイルを追求するならばこのディッシュは欠かせない。

 

トランクスポイラーも「ジャンクションプロデュース」。これを装着するだけで、落ち着きのあるセンチュリーにイカツさが増した印象だ。

この車輌をプロデュースした「共栄USA」の上野氏は、日本の誇りを世界に伝えることにこだわって、カリフォルニア州アナハイムを拠点に、VIPカーを作り続けている。

世界にはない、日本だけのもの。日本だから生み出すことができる上質なもの。それをベースとすることが、真のVIP文化の啓蒙に繋がるはず。そういった強い思いがCesarをはじめ、同店にやって来る顧客に伝承されていっているのだ。このアメリカ発のLimo VIPが、これからは世界のVIPセダンとして注目されるように、見守っていきたい。

SPECIFICATIPON

▶Body Color: Gray ▶Engine / Engine Bay: Stock 4.0 V8 ▶Exterior: junction Produce body kit, Junction Produce 3-pc trunk spoiler ▶Suspension: ACC Air Runner ▶Brakes:  Stock ▶Wheels: WORK Euroline(F9J・R10J-19inch)

OWNER:Cesar Luna

 

根強い人気のLS400はブラックアウトで調律

【1998y LEXUS LS400】

「エイムゲイン」と「アーティシャンスピリッツ」のメーカーミックスがアメリカらしいが、フロントグリルやリアのスモーク化されたLEDテールをいわゆるブラックアウトとすることで、誰もが憧れる日本的強面スタイルを獲得。

足元にホイール、レオンハルトの『ゲミュート』はホワイトに。日本の定番であるブラック&メッキとは異なるアメリカ的カラーセンスを見せつけた。

アメリカではフルスモークでも合法。つまり日本のようにカーテンを使う必要性はないのだが、オーナーのAnthonyはリア3面のみをスモーク化し、フロント窓はあえてのカーテン仕様とすることでリアルな和風を演出した。USAスタイル、ジャパンスタイル、VIPスタイル、レクサス、ジャンクションプロデュース、エイムゲイン

USAスタイル、ジャパンスタイル、VIPスタイル、レクサス、ジャンクションプロデュース、エイムゲイン
USAスタイル、ジャパンスタイル、VIPスタイル、レクサス、ジャンクションプロデュース、エイムゲイン
USAスタイル、ジャパンスタイル、VIPスタイル、レクサス、ジャンクションプロデュース、エイムゲイン

SPECIFICATION

▶Body Color: Black ▶Engine / Engine Bay: Full custom exhaust ▶Exterior: Aimgain front rip, Aimgain grille, Artisan Spirits fenders, LED tail lights, JDM powerfolding mirrors, Retrofit LED head lights ▶Interior: Junction Produce curtains and neckpads ▶Suspension: Airlift perfomance 3H system, Airlift struts, Serial 9 control arms, God speed rear arms ▶Wheels: Superstar Leonhardiritt Gemut(F9.5J・R10.5J-19inch)

OWNER::Anthony Campos

次のページへ >

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.