やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

200系ハイエースも例外なく、最新モデルが続々リリースだ。箱車カスタム向上委員会【TYPE200 STYLIN’】

投稿日:

東京オートサロン、大阪オートメッセが終わり、エアロパーツは新作ラッシュ!

200系ハイエースも例外なく、最新モデルが続々リリースだ。

出来立てホヤホヤのボディキットを見よっ!!

ベースカー ハイエース・ワイドボディ・ワゴンGL(右)

ハイエース・ナローボディ・バンS-GL(左)

協力 S.A.Dカスタムジャパン

TEL:077-599-3999

Special Thanks ファブレス ジャパン

TEL:06-6656-5555

ボルドワールド

TEL:0868-74-1221

PHOTO 渡部祥勝

 

フルバンパーと見まがうほどの圧倒的存在感のハーフタイプに待望のワイドモデルが登場!

094_63A2526

S・A・D カスタムのエアロシリーズの中で、エキゾチックカールックなフルバンパータイプ、スティンガーに続く2作目がエージェントだ。

スティンガーではちょっとデカすぎる……というユーザーの声に応えて開発されたハーフエアロブランド。そのエージェントから、今回、待望のワイド用エアロが登場した。

そもそもエージェントでは、当初ナロー用だけを展開する予定だったのだが、ワイド系ユーザーからのリクエストが非常に多く、今回のリリースに至ったとか。

ナローよりも迫力をアップさせないとワイドボディのオーナーが納得しないのは承知の上。

S・A・D では常々、ナローボディとワイドボディは別物と考えている。そのため、デザインの方向性は同じでも処理の仕方がまったく違うのだ。

純正ワイドボディが持つ特有のせり出し感、ルーフをはじめとする、丸みを帯びたボディデザインを考慮し、出過ぎず、引っ込み過ぎずと、各パーツともに絶妙なバランスでワイドらしさを強調している。

さらにグリルが立体形状となっている点も見逃せない。

デビューの場となった大阪オートメッセ会場では「これフルバンパーなの?」と質問されること多数だった。

ハーフでありながらスティンガーと遜色のないインパクトを植え付けたナローモデル同様、してやったりのデザインだ。

仕事の現場に入れない……、純正バンパーの置き場が……、とスティンガーエアロに躊躇していたユーザーもこれなら安心。

街乗りに適したサイズ感に、高級欧州車を彷彿とさせるエレガントなユーロテイストが組み合わされて言うことナシ。

ハーフ以上フルバンパー未満の「ネオハーフスポイラー」というネーミングがピタリとハマる、次世代のハーフスポイラーをぜひ堪能してほしい。

 

ナローモデルよりさらに立体感がアップ!

094_MG_2451

ユーログリル&ユーロボンネットもワイドならではのルックスへと変貌。

ボンネット上のダクトは間延びしないよう左右2分割。

グリルから連続する一体化したバンパー付近も塗り分け効果もあり、フルバンパーかと見間違う秀逸さだ。

 

094_MG_2351
094_MG_2370

まさか純正バンパーを使用しているとは微塵も思えないほどフルバンパータイプに見える“実はハーフ”なフロント。

超立体的なボトム&コーナー処理がポイントで、縦5 連のLED デイライトをブチ込んだコの字型のコーナーパーツがアピール度満点。左右への張り出しがワイド感をさらに強調!!

 

094_MG_2410

わずかに立ち上がったカナードなど装着感を感じさせつつも、厚みは薄くボリュームを最小にとどめたフラップ形状のサイドステップ。

また、ビス留め風オーバーフェンダーとファットなタイヤとのバランスは、スタンスシーンを意識しているとか。

 

094_MG_2426

発表から長らくの沈黙を破り、ついに発売となった、かの名作「ロンシャンXR-4」の6 穴版「ヴァローネ・XR-6」。

サイズは19× 9/10J IN26 を履くが、2ピース構造のため、サイズはオーダー可能だ。

 

S.A.Dが初プロデュースするインテリアパーツ

094_MG_2344

S.A.D の新たな展開として進めるインテリアパーツ「S-LINE」。

ステアリングトップとステッチにイタリアを象徴する3本ラインをあしらった本革&カーボンのガングリップタイプのステアリングホイール。

ボトムはスクエアなD シェイプ形状を採用。球状で握りやすいシフトノブは、アルミ素材のヘアライン仕上げだ。

 

094_MG_2406

リアはスティンガー同様、バンパータイプとなるがデザインはまったく違う。

開口部はナローとはしっかり差別化し、両サイドの開口部は二重ダクト形状としている。

PARTS PRICE <税別>

【ワイドボディ】

  • F ネオハーフスポイラー:5 万7000 円
  • S ステップ:6 万5000 円
  • R バンパー:5 万9000 円
  • 上記3 点キット:16 万5000 円
  • 専用LED デイライトキット:2 万5000 円
  • ユーログリル:3 万9000 円
  • ユーログリル専用ダクトネット:5000 円
  • ユーロボンネット:4 万5000 円
  • オーバーフェンダー:4 万8000 円
  • オーバーフェンダー専用ダミーリベット:4500 円
  • R ウイング:5 万円
  • R バンパー専用ダクトネット:5000 円
  • ステルスバックマーカー:5 万7000 円
  • S-LINE・イタリアラインステアリング:6 万5000 円
  • アルミシフトノブ:5000 円

 

アグレッシブなデザインで不変の人気を誇るイグジストからハーフタイプ&追加リップスポイラーがリリース!EXIST EVO Produced by Dynasty

096_63A2447

ベースカー ハイエース・ナローボディ・バンS-GL(右)

ハイエース・ワイドボディ・ワゴンGL(左)

協力 ダイナスティ

TEL:0725-56-9999

PHOTO 南井浩孝
TEXT 木村隆之

かたやⅣ型初というハーフ形状のスポイラー、かたやフルバンパーのEVOの下にプラスできるというリップスポイラー。

ふたつの新作が同時に登場したイグジストEVO。

さて、まずは赤いボディのナローだが、サイドに回り込ませたラインとうまく融合させたため、「フルバンパー?」と間違われること多数のハーフエアロ。

EVO を名乗る以上、幾重にも重なって見えるほどの超立体形状は既定路線。

センター部の凸ラインを出すうえで邪魔になったナンバーステーを上方へと持ち上げる工夫を凝らしたり、ハーフというデザイン制約の多い中、バンパータイプのイグジストEVO のイメージを崩さなかったのはサスガだ。

いっぽうのワイドモデルは、イグジストEVO バンパーに対応するリップスポイラー。

元々追加リップの形でVer・1が存在しているのだが、今回はそのVer・2としての位置付け。バンパーのA ライン部に相当するW リップ的なVer・1対し、今回は天面が確認出来るほどの張り出しを与え、さらに前方へとせり出している。

注目すべきポイントはサイドのカナード。よくある他社のものとは一線を画し、上方へと明らかに延長され、レーシーさを存分にアピールするルックスだ。

十二分に存在感を醸すEVO のバンパーに、さらなる追加パーツとして設定が可能となった今作。

さらにリアにもフロント同様のカナードが左右の両エンドに用意されるという念の入れようだ。

イグジストEVO のフルバンパーが持つインパクトはそのままに、ハーフも選べるようになったナロー。

大型のカナードを装着し、インパクトを増大させたVer・2リップのワイド。

常にアップデートに余念がないイグジストEVO から当分目が離せない!

イグジストらしい立体形状のスポイラーを実現

096_MG_2311

塗装屋泣かせの超立体デザイン“EVO”のデザインは継承しつつ、リップオンリップとしたWリップ式のハーフ。

ナンバーの取り付けボルトをエアロの取り付け穴としても利用出来るのも◎。

デザインに反し、エアロは前へとせり出させない分、普段乗りも問題ナシ。

 

096_MG_2265

サイドステップとリアバンパーはイグジスト、EVO すべて共通パート。

サイドは前後に大きなカナードが与えられ、純正のフェンダーアーチとつながるようなデザインに。

リアはディフューザータイプで、フェラーリレッドのボディに似合うスーパーカー的デザイン。

 

バンパーにリップスポイラーをプラスするという発想

096_MG_2144
096_MG_2157

フルバンパーのイグジストEVO に追加可能なVer.2 リップスポイラー。

EVOバンパーを装着済みならこのリップを装着してイメージチェンジを図ることができる。

Ver.1 の多段形状デザインが、さらに階層増の“超多段形状”へ進化する。天面が目立つほど前方へとせり出したVer.2。左右のカナードの存在感も破格。

 

096_MG_2243

サイドステップ、リアバンパー、リアウイングはナロー同様、イグジストシリーズと同一。

今回は新作リップのフロントにシンクロするように、リアにも同デザインの左右分割式のカナードをプラス。

なお、車高は超新作となるユニバーサルエアーとのコラボでダイナスティ初となるエアサス、「EVOLUTION SUSPENSION」を装着し、リアは7 リンク式を採用する。

 

シックスセンスとのコラボホイール「VC-DS7」がデビュー!!

096_MG_2197-1-1

ミニバン界の奇才、シックスセンスとコラボした話題の超新作「VC-DS7」。

カラーはブラック×ポリッシュの1カラーで20 インチオンリー。

回転時にはパラパラとその動きのおもしろさも垣間見えるデザイン。アシンメトリーなスポークが際立つ超逆ゾリ鋳造1P ホイールだ。

 

PARTS PRICE <税別>

【ナローボディ】

  • F ハーフスポイラー:5 万5000 円
  • S ステップ:4 万8000 円
  • R バンパースポイラー:7 万9000 円
  • 上記3 点セット:17 万8000 円
  • R ウイング:3 万8000 円
  • スラスターボンネット:5 万8000 円
  • マフラーカッター:7 万9800 円

【ワイドボディ】

  • F バンパースポイラー&リップスポイラーVer.1:11 万8000 円
  • Sステップ:4 万8000 円
  • R バンパースポイラー:7 万9000 円
  • 上記3 点セット:23 万8000 円
  • F リップスポイラーVer.2:価格未定
  • R カナード:価格未定
  • R ウイング:4 万3000 円
  • スラスターボンネット:5 万8000 円
  • LED デイライト:2 万8000 円
  • マフラーカッター:7 万9800 円

【共通】

  • VC-DS7(20 × 8J IN38):6 万2000 円
  • ヴェルヴェットV6(20 × 8JIN38):6 万2000 円~

 

次のページへ >

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.