やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

固定概念にとらわれない、自由なカスタムが個性を生む G63 AMG【オートファクトリー 仁】

投稿日:

四輪駆動車たるものこうあるべき、と言ったカスタムの定義を一切持たず、ハイエンドモデルのセレブリティかつスタイリッシュな味付けを存分に取り入れたオートファクトリー仁のG63。定番カスタムでは物足りない貪欲なユーザーのハートを掴む自由な発想力とセンスに迫る!

CT5W9693

 

希少価値の高いスーパーカーと暮らす日常

フェラーリをはじめベントレーやロールスロイス、マセラティにアストンマーチンなど気品溢れるハイエンドモデルを数多く取り揃える同社。それらの中には世界的に見ても価値ある希少車やカスタマイズドモデルも含まれており、セレブご用達のカスタムシーンも同社の日常となっている。

それだけ“目利き” が研ぎ澄まされており、G63AMGのような四輪駆動車の頂点とも呼ぶべきモデルでもグロスレッドへフルラッピングにフォージアートのビッグリムをサラリと履きこなし、スクエア6本サイド出しの可変バルブ式マフラーなど、大胆かつアグレッシブ、かつエレガントな仕立てが際立つ。

CT5W9626

大阪は堺市、南船場のほか、東京の麻布など都心部にショールームを持つオートファクトリー仁。

 

無骨なフォルムには合わせにくい“赤”をサラリと着こなすセンス

Gクラスと言えば白、黒、シルバーが定番カラーではあるが、近年では特別仕様車のクレイジーカラーリミテッドやスクエアードに用意されたエレクトリックビームなど、コントラストの強いカラーセンスで注目を集めるのがトレンド。

しかしその配色はグリルやホイールまでに至らず、どこか4×4らしさやSUVとしての固定観念を守りながらの冒険感がある。そんなSUVハイエンドモデル事情を根底から覆すのが、全身真紅のG63 AMG。特筆すべきはそのカラーバランスである。本来ならどこかにクロームメッキやシルバーの金属色によってSUVらしさを誇張するのがセオリーだったりするのだが、それらを徹底的に排除した赤×黒のアクセントで武骨な印象を払拭。

ジャンルの枠に縛られない自由な発想力とアイデアを駆使した新境地の開拓は、スーパーカーのカスタマイズに精通するからこそ成し得た“匠の技” と言えるだろう。

CT5W9668

ハーマン社製リップスポイラーやボンネットセンターダクトの追加、そこへ赤×黒のコントラストがスクエアな印象のフロントフェイスを立体的かつスポーティなイメージへと一新。

CT5W9686

ダウンサスでロワードフォルムを形成。フォージアート24inchのビッグリムはボディーカラーとマッチさせつつもグロスブラックのアクセントカラーを絶妙に取り入れてスタイリッシュに履きこなす。

ダウンサス× 24inchにハーマンリップスポイラーでラグジュアリーな印象に。
ハーフスモークのウィンカーレンズは8連LEDレンズ。
G63バンパー&グリルの大胆なダクトとボンネットセンターダクトの相性は抜群。
ボンネットセンターダクトによる立体的な
シルエットは強烈なインパクト!

純正HDDナビゲーションシステムに地デジ、Z945SI レーダー搭載など、装備も抜かりなし。
外装色に合わせたフロアマットの新調やFORGIATO
ロゴの刺繍をアクセントにしたインテリア。
3連スクエア両サイド出しのミラクル可変マフラーは、ビジュアルサウンド共にインパクト絶大!

 

協力:AUTO FACTORY 仁

TEL:072-288-5555 URL:http://autofactory-jin.com/

 

Gクラスパーフェクトブック VOL.02

ぶんか社


// <![CDATA[

// ]]>


元の投稿: 車 カスタムカー, 改造車 専門WEBマガジン | tuners(チューナーズ)
固定概念にとらわれない、自由なカスタムが個性を生む G63 AMG【オートファクトリー 仁】

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.