やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

[ワンピース 考察] 錦えもん達5人の侍が「20年の時を超えた方法」

投稿日:

第919話“おでん城跡”にて、モモの助、錦えもん、カン十郎、雷そう、そしてお菊の5人が、20年前のワノ国より時を超えて現代にやってきたことが明らかとなった。

この件については、以前より撒かれていた伏線を一気に回収した結果なのでそれほどの驚きはなかったけど、まだ残る謎がある。

それは、「20年と言う時を超えた具体的な方法」だ。

ここでは、その方法についていくつか具体例を挙げて考えてみたい。

① 時を超える「場所」がある

錦えもん達、光月家の家臣達は、おでん城内へ追い込まれ焼き殺されたと言われている。

と言うことは、錦えもん達はその場所から20年後の世界へタイムスリップしたんだろう。

では、その「場所」が何か特別な意味を持つのだろうか。

つまり、通常の時間の流れと全く異なる「場所」…?

そんな場所があるとするならば、それは以前より考察している「黄泉の国」か

黄泉の国の入り口は「ワノ国 九里」にある!?

黄泉の国に一度入れば、そこは時間の流れと隔絶された世界であり、そこから無事出ることができたとしても数十年と言う時が経っている…的な?

①番に持ってきた説だけど、第919話でおでんの奥方様が言ったセリフ「二十年(はたとせ)を編む月夜に九つの影を落とし」は予言めいたものではあるが、20年後の未来に何かが起こると確信しているようにも思えた。

時間の流れが通常と異なる場所があったとしても、それを正確に操る事は難しい可能性が高いからこの説はナシかもしれない。

② 他人を未来へ送る「能力」を持つ者が居る

悪魔の実の能力者という人知を超えた力を持つ者が数多居るワンピースの世界では、この「タイムスリップ」も誰かの能力であるとしたら話は簡単かもしれない。

仮にそんな能力者がいるとすれば、やはり一番可能性が高いのは意味深な言葉を残したおでんの奥方様だろうか。

月は夜明けを知らぬ君

叶わばその一念は

二十年(はたとせ)を編む月夜に九つの影を落とし

まばゆき夜明けを知る君と成る

この確信にも似た予言は、奥方様自身が息子モモの助と家臣達を20年後の未来に送ったからなのかもしれない。

でも、HUNTER×HUNTERの「念」じゃないけど、時間を操るようなトンデモ能力だから、強めの制約があってもいいよね。

時を超える力は、自分自身には使えないとか。

そうなると一つ引っかかる点が。

錦えもん達家臣は場内に追い込まれて焼き殺されたとされているけど、おでんの奥方様は燃える城の前で生き絶えたと言われている。

離れた場所で死んだのならば、奥方様の能力ではない?

おでん様はこの時どこに居たんだろう?

おでん様が自らの命を挺してまで家臣を逃がしたとも言われているから、おでん様=能力者説も捨てがたい。

時間に関わりがある能力ってのはこれまでにもあったしね!

「時間」にまつわる悪魔の実について考える

元の投稿: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
[ワンピース 考察] 錦えもん達5人の侍が「20年の時を超えた方法」

AD336

AD336

-ワンピース
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.