やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

キングダム

キングダム ネタバレ 583 12/13発売

投稿日:

キングダム ネタバレ 583

13日目の朝。
趙本陣に衝撃が走る

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

趙兵が慌てて駆け寄ってくる

アツヨが秦により落とされました!

李牧
まさか、、、いったいどの軍ですか?

趙兵
オウセンです

秦本陣にいるオウセンは
影武者であった。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

李牧
まさか。
これほど監視する兵を散りばめているのになぜ・・・

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

オウセンは、飛信隊に右軍への援軍を指示した後、
兵5千を率いてアツヨへ向かった。

趙兵の目に触れぬよう、
大きく右へ迂回し
朱海平原の左上に
位置するアツヨを
北東から攻めた。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

主力が出払っている
アツヨは、
オウセンにより
あっという間に
陥落した。

李朴
私は、2万の兵を引き連れて
アツヨを奪還しに行きます。

ここは、皆に任せます。
秦軍は、もはや兵糧も尽き
瀕死のはず。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

強気の攻めは必要ありません。
手堅く守り、敵を削り
自滅するのを待つのです。

必ずアツヨを取り戻し、
オウセンの首も上げてきます。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

アツヨに、
カンヨウから
兵糧が運ばれてくる。

昌平君の指示で、
昌文君が
運んできたのだった。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

昌文君
本当にアツヨにいるとは・・・

オウセンと昌平君は、咸陽を出るときに話した。

オウセンは、
師 コチョウの
落とせなかった
アツヨを落としたい。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

その話を聞いていた、
昌平君は、
オウセンが
アツヨを攻め落とすだろうと
予測し兵糧を運んだのだった。

そこに、近くにいた
謄将軍もアツヨに
合流し攻めてくる
趙軍に備えていた。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

李牧
秦は、アツヨを
拠点として
兵糧をつなぐ
つもりでしょう。

すぐにアツヨを
取り戻しに行きましょう。
ギョウウン。
朱海平原は、
任せてもよいですか。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ギョウウン
かしこまりました。
飛信隊をはじめ、
秦の残党は、
きっちり片付けておきます。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

李牧は、
兵2万を引き連れて
アツヨ奪還に向かった。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

13日目の朝 秦本陣

オウセンを囲み本陣の
将校が集まっている。

オウセン
ついにアツヨを落とした。
オウセン将軍から
伝令が届いた。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

事前にオウセン様より
授かった策の通り、
李朴の抜けた、
趙本陣をぶち抜き
アツヨまで駆け抜けるぞ。

秦本陣将校
さすが、オウセン様。
ここまで戦局を読み切るとは。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

場面が変わる。アツヨ

オウセンがアツヨの城壁に立ち
趙国を眺めている。

そして、振り返ると秦国。
遠くに砂ぼこりが見える。

オウセン
来たか!

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

兵糧を抱え、
朱海平原に参戦してきた。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

テン
お!壁!


ここも厳しい戦いだな。テン
しかし、何かおかしい。
ここは、無理に動かない方がいい。

テン
何だって?

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


ここに来る前に、
中央軍に寄ってきた。
オウセン将軍はいなかった。


面会しての報告を頼んだのだが
すでにここにはいないとのことだった。

テン
!?
なんで!?

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


わからぬ。
オウセンの側近たちは
何も言わなかったが、
とにかく中央には居ないと
言っていた。
そして、右翼にも兵糧を
運んでくれと。

テン
わからない・・・
いったいどういうことだ・・・

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

キングダム ネタバレ オウセン

時は、10日目の夜。
趙軍中央にさかのぼる。

ついにオウセンの策が明らかに!

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

趙本陣

趙兵が、顔色を変えて李牧のもとへやってきた。

舜水樹様より伝令です!
リョウヨウ陥落、さらに犬戒の兵は
秦軍に吸収されたとのこと。
舜水樹様は、列尾に向かい
秦軍の逃げ道を完全に塞ぐとのことです。

李牧
まさか、リョウヨウが落ちるとは、、

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

さらに違う方向から趙兵がやってくる。

アツヨが秦により落とされました!

キングダム ネタバレ 桓騎

変わらず趙軍は
攻めてこない。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

マロン
今日も何も変わらず、
兵糧が減っただけでしたね。。

桓騎
あぁ。

マロン
本当に
大丈夫なんでしょうか。。。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

桓騎
お前の猶予まで、
あと1日だな。
オウセンの状況が
わからないが、
そろそろ動きがあるはずだ。
いつでも動けるように
全員に指示を出しておけ。

マロン
動くとは、どこへ向かって・・・

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

そこへ
リョウヨウから
伝者がやってくる。

カンキ
ようやく来たか。

伝者からの
手紙を読み叫ぶ。

カンキ
一旦、ここは捨てるぞ。
山の民が落とした
リョウヨウへ移動だ!

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

趙兵1
ようやく動いたか。。。

趙兵2
いや、逃亡だろ。
あいつらの兵糧も
間もなく底をつく。
当てもなく
この場から
逃亡するのだろう。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

リョウヨウ・ギョウ・朱海平原の間に
散りばめられた
趙軍は、
リョウヨウが陥落したことで崩壊し、
その連絡機能はマヒしていた。

そのため、
カンキ軍を取り巻く
趙軍には
何の伝達も
来ない状態が続き、
待機の指示が
出たままだった。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

当然、
カンキ軍は逃亡するものと
思い込み、
趙軍は追いかけてこなかった。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

元の投稿: キングダムネタバレ
キングダム ネタバレ 583 12/13発売

AD336

AD336

-キングダム
-

Copyright© やんちゃプレス , 2018 All Rights Reserved.