やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

スポーツ系と女子系? 真逆のスタイルを持つスズキ・ジムニーをMSJに展示

投稿日:

趣きが異なる2台のジムニーを展示

 4月6日(土)と7日(日)の2日間、東京お台場特設会場で開催されたMOTOR SPORT JAPAN 2019 Festival in Odaiba(モータースポーツジャパン2019 フェスティバル inお台場)。軽自動車ドレスアップ誌K-STYLEは、3台の軽自動車を展示。うち2台は新型ジムニーのメーカーデモカーを展示したのだが、それぞれの趣はいい意味で180度真逆のスタイルを持ち合わせる。スズキ・ジムニー

 かたや機能性を重視した、足まわりと補強パーツがメインにするキャロッセ、かたや新型ジムニー特有のデザインを十二分に生かした、スタイリング重視のKLC。どちらも新型ジムニーのユーザー層の広さを象徴するデモカーで、抜群の注目度だったのが印象的。このクルマの持つカスタマイズポテンシャルの高さを来場者に向けてアピールする事に成功した。それぞれのコンセプトともに紹介しよう。スズキ・ジムニー

しっかりとした足まわりをアピール

 全日本ラリー選手権をはじめとして、レースや競技に欠かすことのできないパーツを様々な車種に多数供給し続けている「クスコ」。そんな同社製の新型ジムニー用パーツは、得意のサスペンションキットとその足を効率的に動かすための補強パーツを中心にラインナップ。スズキ・ジムニー

 またクロカンタイプのSUVというジムニーのキャラクター上、車高を高めるリフトアップ系キットだけの開発かと思いきや、ローダウン用のサスペンションキットも用意されている点は注目で、会場に持ってきたデモカーはそのローダウン仕様。スズキ・ジムニー

 足まわりの他に注目なのが、サイドに奢られたJB64W用(軽自動車のジムニー)のワイドボディキット。簡単取り付けで手軽にジムニーがワイド化できるというジムニーユーザー必見のパーツである。今回のデモカーはこの2点が中心になるだが、他にもエンジンパワーを向上させるインタークーラー導風板やリヤトランクバー、シートレールプラスといった、ボディ剛性向上に効くアイテムを多数用意している。

【フェンダー】

 片側約9ミリワイド設計で、理論上は車検にも対応するワイドフェンダー。素材はABS樹脂で表面は黒シボ仕上げのため、塗装せずに付けても違和感なし。その取り付けも付属の両面テープと純正サービスホールを使ってボルトオンで固定するだけと、非常に手軽に扱えるのが嬉しい。フェンダーにベストマッチなサイドステップも用意されていて、フェンダーだけまたはサイドステップとのセットの2パターンが選べる。スズキ・ジムニー

【サスペンション】

 ローダウンサスペンションキットは専用のスプリングとネジ式スペーサー(アジャスター)、ショックアブソーバーの3点セットの他に、純正ショックを使ってバネとスペーサーだけで車高を落とすローダウンスプリングセットの2種類を用意。専用ショックはなめらかな乗り心地と高い走行性能を併せ持つ複筒式を採用、さらには前後14段の減衰力調整付きで細かい乗り味の調整も可能なのが嬉しい。スズキ・ジムニー

【ストラットタワーバー】

 クスコ定番となるボディ剛性パーツのストラットバー。オーバル断面形状の軽量アルミ製かつ高剛性シャフトを採用し、効果的にボディのゆがみを抑制。ハンドリング特性を最大限に生かすための専用設計なので、追加後のフィーリングはよりスムーズになること間違いない。またドレスアップの観点からもパーツの有無では相当印象が変わる。スズキ・ジムニー

【リアピラー】

 高剛性なスチールブラケットに22φアルミシャフトを採用、ボルトオン装着が可能なリヤピラー。装着後は左右のCピラーが連結されるためボディ剛性が大幅にアップし、ねじれに対するボディの歪みや不快な動き、経年劣化を抑制する役割が期待できる。

元の投稿: Auto Messe Web
スポーツ系と女子系? 真逆のスタイルを持つスズキ・ジムニーをMSJに展示

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.