やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

600万円超えの「86」に激速タクシーのような「コンフォート」! 衝撃のTRDコンプリートカー6選

投稿日:

ファンも驚くほどインパクトのあったモデルたち

 トヨタのモータースポーツ活動やカスタマイズパーツのブランドとして知られる「TRD(Toyota Racing Development)」は、カスタマイズパーツのほか、多くのコンプリートカーをリリースしてきた。今回はそんなTRDが手掛けたコンプリートカーの中から、特にインパクトのあったモデルたちをご紹介したい。トヨタのモータースポーツ活動やカスタマイズパーツのブランドとして知られる「TRD(Toyota Racing Development)」

【TRD2000】

 TRDブランドのコンプリートカーの先駆けとなったのが、1994年に当時のカローラセダンGT(AE101型)に2リッターの3S-GE型エンジンを押し込んだ「TRD2000」だ。当時はカローラセダンは3S-GE型エンジンを搭載してJTCCに参戦しており、そのノウハウを持って誕生したモデルであるが当然、車検にも対応するように作らなければならなかったのはレースカーとは違う苦労があったに違いない。カローラセダンGT(AE101型)に2リッターの3S-GE型エンジンを押し込んだ「TRD2000」

 なお、搭載された3S-GE型エンジンは180PS/19.5kgf・mと、同時期のMR2やカリーナEDなどに搭載されたのと同スペックであったが、カローラからしてみれば十分なスペック。さらに専用のマフラーや足まわり、ブレーキパッドにストラットタワーバーも標準で装備されており、オプションで強化クラッチやLSD、スポーツシートなども用意されていた。TRD2000GT発売当初のカタログ

 当時の価格は335万円となっており、ベース車が172.6万円、改造費が162.4万円とカタログに記載されていた。実際に後からこの作業をやろうと思ったらこの費用では到底まかなえない額ではあるが、如何せんカローラということもあり、限定99台のところ実際はそれよりもはるかに少ない販売台数だったようだ。

【TRD3000GT/TRD2000GT】

 モータースポーツ活動を行なっているTRDならでは、といえるコンプリートカーが「TRD3000GT」と「TRD2000GT」だ。前者は80系スープラが、後者は2代目MR2がベースとなっており、どちらもGTカーを彷彿とさせるエクステリアが最大の特徴だった。2代目MR2ベースのTRD2000GT

 特にTRD3000GTは全日本GT選手権(当時)に参戦するGTカーにほど近いエアロパーツをまとっており、ボディは最大片側30mm拡大される本格的なものだった。TRD2000GTも同様に片側30mmのワイドフェンダーを始めとした迫力のボディパーツが用意されていた。80スープラがベースのTRD3000GT

 これらはコンプリートカーとして販売されただけではなく、外装パーツ単体でも販売されていたので(現在は販売終了)、ノーマル車をベースにディーラーでワイドフェンダーを装着することもできるというのが画期的だった。ただし、ボディ加工が必要となるため、どこのディーラーでも架装できたわけではなかったそうだ。TRD3000GTの外装パーツは単体でも販売されていた

元の投稿: Auto Messe Web
600万円超えの「86」に激速タクシーのような「コンフォート」! 衝撃のTRDコンプリートカー6選

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.