やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ペット

19世紀の西洋で、「リビングルーム」は「デスルーム」と呼ばれていた。その理由とは?

投稿日:

victorian-death-rooms-2

 「リビングルーム」は日本語に訳すと「居間」となる。もっと文字通りに訳せば、「暮らす部屋」であり、「生きる部屋」であるともいえる。

 しかし、現在では「リビングルーム」と呼ばれる部屋は、19世紀には「デスルーム」、つまり「死の部屋」と呼ばれていたのである。

 リビング(生きる)なのにデス(死)とはこれいかに?

 それにはこんな理由があった。

続きを読む

元の投稿: カラパイア
19世紀の西洋で、「リビングルーム」は「デスルーム」と呼ばれていた。その理由とは?

AD336

AD336

-ペット

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.