やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

まさに「オフロード界のセルシオ」! 新型もいいけど「ランクル100」が意外と狙い目の理由とは?

投稿日:

ランクル買うならいま100系がお買い得!

 BJ型として、1951年8月に誕生したランドクルーザー。以降、20/40/55/60/70……などの各シリーズが発売され、日本国内はもちろん世界中でいまも愛され続けている。

 日本が誇るオフロード界の王様であるランドクルーザーは、大きく3つのカテゴリーに分類され、ヘビーデューティモデルの「BJ/20/40/70シリーズ」、ライトデューティモデルの「70プラド/90プラド/120プラド/150プラドシリーズ」、そしてステーションワゴンモデルの「55/60/80/100/200シリーズ」という具合だ。

 ちなみに新型のランドクルーザー300(以下、ランクル300)はステーションワゴンの系譜となる。ランドクルーザー300 じつは筆者が、いま注視しているランドクルーザーがある。それはランドクルーザー100(以下、ランクル100)だ。理由は後述するが、デビュー当時としては豪華絢爛な内外装をはじめ、電子制御を採用したサスペンション、さらに安全性能が格段に高められるなどその充実ぶりに驚かされた。

ディーゼルターボの楽しさを教えてくれたハチマル

 筆者が初めてランクルを体験したのはランドクルーザー80(以下、ハチマル)だ。ハチマルが全盛だった1990年代に、ちょうどクロカン四駆を扱う月刊誌の編集部に所属していたこともあり、数多くのハチマルに触れることができた。ランドクルーザー80(フロントスタイル) 当時、20代前半だった若造にとって、車両本体価格383万円の最上級グレード「バンVX」はカンタンに手が届く代物ではなかった。だが、トヨタが取材用に貸与してくれた広報車や四駆ショップが製作したデモカーを走らせる機会に多く恵まれた。4.2L直6ディーゼルターボの副燃焼室を持つ1HD-FTエンジンは、トルクフル(380N・m[38.7kg-m]/2500rpm)で、高速巡航から街乗りまで疲れを感じさせることなく快適に移動できる頼もしさを、いまでも鮮明に思い出すことができる。

ネオクラ世代の中古車市場が驚くほど爆上がり

 話は現在に戻って、ネオクラシック世代(60/70/80シリーズ)のランクル人気がいま急激に高まっている。理由はニーズの高さもさることながら、少しずつタマ数が少なくなりつつあることから中古車価格は高騰する一方だ。自動車税が10万1200円でもランクルが100万円台で購入できるから狙い目

 とくに内外装をリノベーションしたランドクルーザー60(以下、ロクマル)やハチマルは、当時の新車販売価格を軽く上まわるほどのプライスタグが付けられている。国内に現存するタマ数が極端に不足しているロクマルは、北米などの海外で買付けを行い販売されているのが現状で、自ずと販売価格は高くなる。このまま行くとスカイラインGT-Rと同じ道を歩むのではないかと不安に駆られるほど。

ハチマルの後継モデルとしてランクル100がデビュー!

 そんな状況のなかで狙い目のランクルが100だ。1998年1月に発売されたこの本格派オフローダーは、「The Top of SUV」をテーマに、悪路走破性、耐久性、信頼性などの基本性能を最高レベルにまで高められ、従来モデルのハチマルに対してプレステージ性は高く、もちろん高耐久性と優れた環境性能が追求された。ランドクルーザー100

 ラインアップはロクマルやハチマルと同様に、ディーゼルモデルの「バン(2/5人乗り)」とガソリンモデルの「ワゴン(8人乗り)」を設定。グレード展開は「VX(5速MTのみ):価格372万6000円」、「VXリミテッド(4速ATのみ):価格339万8000円」、「VXリミテッド“Gセレクション”(4速ATのみ):価格443万円」の3タイプを用意。車両本体価格はバンとワゴンが同一価格で販売されていた。

 また、ハチマルで好評だった8ナンバー仕様のキャンピングカー「アクティブバケーション」(メーカー架装車)を、VXとVXリミテッドにそれぞれ設定。アウトドアシーンやオートキャンプで使えるベッドやシンク、コンロのほか、クォータートリムとの一体感をデザインしたキャビネットがなどが採用された。

The post まさに「オフロード界のセルシオ」! 新型もいいけど「ランクル100」が意外と狙い目の理由とは? first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
まさに「オフロード界のセルシオ」! 新型もいいけど「ランクル100」が意外と狙い目の理由とは?

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.