やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

「タクシー」の皮を被ったオオカミ! 往年の走り屋感涙の「コンフォートGT-Z」が過激すぎた

投稿日:

働くクルマ「コンフォート」をベースとした過激なコンプリートカー

 コンフォートはトヨタが発売していたタクシーや教習車向けの車両で、ひとまわりほど大きなクラウン・コンフォートもあって、タクシーで乗車した人も多いだろう。現在はユニバーサルデザインのJPN(ジャパン)タクシーがお馴染みだが、かつては日産セドリックやクルーとライバルにある、身近な働くクルマだったのだ。

 そんなコンフォートの教習車をベースに、エアロパーツやスーパーチャージャーを取り付けたスポーティなモデルが存在した。その名はコンフォートGT-Z。トヨタのモータースポーツ活動を担うTRDの専用パーツを取り付けた、過激なコンプリートカーとして発売。希少なMT仕様のFRセダンとして注目を集めたマシンだ。コンフォートGT-Zの外観

そもそもコンフォートとは?

 コンフォートは、ホイールベースを105mm延長したクラウン・コンフォートという仕様もあったことからクラウン・ベースと思われがちだが、実は80系のマーク2がベース。サスペンションはフロントがストラット式、リヤがリジッド式で、LPG仕様のほかに設定されるガソリン・エンジンは1.8Lの4S-FE型とディーゼルの2L-TE型を搭載。コンフォート 2001年のマイナーチェンジでガソリン・エンジンが3S-FE型に変更され、5速MTと4速ATの組み合わせで街中の風景に溶け込んでいたモデルだ。

The post 「タクシー」の皮を被ったオオカミ! 往年の走り屋感涙の「コンフォートGT-Z」が過激すぎた first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
「タクシー」の皮を被ったオオカミ! 往年の走り屋感涙の「コンフォートGT-Z」が過激すぎた

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.