やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

車高を上げるカスタムは合法? リフトアップのメリットとデメリット

投稿日:

リフトアップ量は4cm以内にとどめるべし

 自動車のカスタマイズにおいて”車高”といえば下げるモノ、なんて常識は昔のハナシ。最近はクロカンを筆頭にSUVから軽自動車バンまで、ちょっとしたリフトアップの「ちょい上げ」がブームとなっている。そのカスタムはどこまで合法なのか、また走りに与える影響を検証してみよう。

 基本的にローダウンは車種を問わないのに対し、かつてのリフトアップはラダーフレームの車種のみ、というのが定番だった。乗用車に多いモノコックボディに比べ、ラダーフレームは車体が重くて乗り心地も劣る傾向にある反面、悪路走破性や堅牢性に関しては一日の長がある。サスペンションとボディの間にスペーサー(リーフサスならシャックル)を挟み込めば、比較的リーズナブルにリフトアップできた。ちょい上げな自動車リフトアップのメリットとデメリット

 そして、近年では”簡単リフトアップ”としてラダーフレーム以外の車種にも人気が波及。手軽に車高を上げるためのスプリングや、リフトアップ専用の車高調整式サスペンションキットも発売されており、未舗装路などで下まわりを擦りにくくなる(最低地上高がアップ)ことはモチロン、車高が上がることで見とおしがよくなったり、迫力が増すといった実用性とドレスアップ的なメリットを得られることで注目を集めている。ちょい上げな自動車リフトアップのメリットとデメリット

 では、逆にリフトアップによるデメリットはないのだろうか。

 まず、誰もが心配するのは「車検はこのままで大丈夫?」という法的な部分。ローダウンであれば「最低地上高が9cm」と明確な規定があるけど、車高を上げるほうに関してはあまり知られていない。結論から話すと、車検証記載の「構造変更」が不要なのは、車検証に書かれている全高から4cm以内のリフトアップ。それ以上は構造変更を受けなければならず、そのまま乗っていると取り締まりの対象となるので注意しよう。ちょい上げな自動車リフトアップのメリットとデメリット

 また、リフトアップしてからタイヤやホイールを交換する人も多いだろう。しかし、全高はタイヤの外径によっても簡単に変わってしまうため、そのぶんを含めて4cmを超えないよう、余裕を持ったリフトアップ量にとどめておきたいところだ。

 さらに気をつけておきたい点は走りに関するデメリット。構造変更が不要な4cm以内ならばあまり影響はないものの、重心が高くなればコーナーリング時のロール量は増えてしまう。さらに直進安定性が損なわれたり、ブレーキングの挙動が安定しないなど、一般的な舗装路ではマイナスになるケースも考えられる。そういったネガティブな面が顕在化せず、神経質になり過ぎないで楽しめる限界が4cmというワケだ。ちょい上げな自動車リフトアップのメリットとデメリット

 なお、作業というかパーツ選びでも注意したい点がある。リフトアップ後は純正ブレーキホースの長さでは届かなくなる可能性があり、その場合は専用品やワンオフ製作の長いブレーキホースで対応するしかない。作業はアライメント調整を含めリフトアップに関してノウハウが豊富なプロショップに依頼するのが無難。ローダウンとは対極ともいえる足まわりのカスタム、メリットだけじゃなくデメリットまでよく理解したうえで楽しんで欲しい。

元の投稿: Auto Messe Web
車高を上げるカスタムは合法? リフトアップのメリットとデメリット

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2019 All Rights Reserved.