やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

1990年代の貧乏チューン! 若かりし頃の「走り屋スタイル」を振り返る

投稿日:

金がなかった故の苦心メニューも多数

 クルマのチューニングが今のように一般的じゃなく、アウトローな雰囲気すら漂っていた1990年代。当時の走り屋には『お約束』だったカスタムやグッズを、昔を懐かしみつつ紹介したい。流行は繰り返すというけれど、コレらも再び日の目を見る未来がやって来るかもしれない。

 1990年代の走り屋カルチャーを体験した人で、大多数が思い出すであろう「パーソナル無線」。本来は車内に無線機の本体を取り付けて、仲間どうしの連絡などに使うものだけど、ルーフにアンテナだけを載せたクルマが大量にいた。無線からワンアームワイパーまで、1990年代の走り屋の間で流行したスタイル その理由としてはアンテナだけならば先輩や仲間から安く、場合によってはタダでもらえたこと、そして無線を使うには免許が必要だったことが挙げられる。もっとも無免許で使っている人も少なからず存在しており、峠などにパトカーがやって来たときの連絡や、どの道路で検問をやっているなんて情報のやり取りにも使われた。無線からワンアームワイパーまで、1990年代の走り屋の間で流行したスタイル余談だが現在、パーソナル無線は法令から規定が削除され、新規開設や免許の再交付ができなくなっている。

数十円でできたオーバーヒート対策

 外装でいえばボンネットの後端を少し浮かすスタイルも定番。ボンネットを固定するボルトにワッシャーを何枚か挟む方法で、エンジンルームの熱を逃すというもっともな理由が付けられたものの、筆者を含め「何となくカッコいい」とマネしていた人も多いに違いない。無線からワンアームワイパーまで、1990年代の走り屋の間で流行したスタイル

 ただしワッシャーの枚数が増えるほど、ボンネットを固定するボルトの噛み込みは浅くなる。事故でボンネットが外れ、ガラスを突き破って大ケガしたなんてウワサ話もささやかれ、浮かせるときは長めのボルトを使うのがセオリーだった。

 

お金をかけずに”GTカー風”を気取る

 レーシングカーを真似てワイパーを片側だけにする、通称『ワンアームワイパー』も一世を風靡した。限界までに空気抵抗の軽減や軽量化を目指すレーシングカーならではのカスタムで、シビックやスターレットといったライトウェイトでは特に流行ったと記憶している。無線からワンアームワイパーまで、1990年代の走り屋の間で流行したスタイル 当然ながら拭き取り面積は狭くなり、あくまでも見た目だけの自己満足なメニュー。とはいえ、純正ワイパーを外すだけという手軽さもあり、ガソリン代やタイヤ代に苦しむ走り屋にウケた。

 

内装のアイキャッチにもなった100円チューン

 室内ではステアリングのセンター部分、つまり12時の部分に黄色のテープを巻くのもお約束だった。ハンドルの舵角を視覚的に把握するのが目的であり、黄色なのはステアリングの大半が黒のレザー、つまり慌ただしい操作中でも目に付きやすいためだろう。無線からワンアームワイパーまで、1990年代の走り屋の間で流行したスタイル 写真のように初めから色分けされたステアリングも市販されているが、こちらもビニールテープを巻くだけというコスパの良さが光った。

 

ステッカーで誇示したチーム愛

 最後はリアウインドウに大量に貼ったステッカー。流行したのはドリフトが大ブームになってからで、パーツメーカーやチューニングショップというよりも、自分の所属チームや交流があるチームのオリジナルがメインだった。さらにステッカーのみならず、トレーナーやTシャツを製作するという熱心なチームも存在したのである。
*写真はイメージ無線からワンアームワイパーまで、1990年代の走り屋の間で流行したスタイル

 愛車に乗っている年数が長くなればなるほどステッカーの数は増え、「コレって後ろが見えないよね」なんてクルマに遭遇したことも懐かしい話。周りから見れば単なるステッカーチューンだったが、彼らにとっては勲章だったのも事実だ。

ファッションと同じで流行は繰り返す……のだろうか?

元の投稿: Auto Messe Web
1990年代の貧乏チューン! 若かりし頃の「走り屋スタイル」を振り返る

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.