やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

なんと軽トラ&軽バンまで! 超メジャー外国人デザイナーが手掛けた意外すぎる日本車たち

投稿日:

部分的に手掛けたモデルもあった

 ベルトーネはなくなった(2回も倒産)し、ピニンファリーナもワンオフ架装メーカーみたいになったものの、イタリアの「カロッツェリア」というのは、自動車史はもちろん、クルマ好きにとってもやはり別格の存在だ。

 イタ車を中心とした輸入車だけでなく、以前までは日本車もけっこう手がけていて、いすゞ117クーペやスバルのアルシオーネSVXなど、見れば頼んだだけのことはあるなと納得したりする。ただ、すべてがそうではないのが難しいところで、言われて初めて「そうなんだ」ということも。今回はそんな意外なカロッツェリアの作品をまとめてみた。天才デザイナーが手掛けた意外な日本車

スズキ キャリイ

 1969年に出た4代目はジウジアーロの作品。角目のユニークな顔つきなだけでなく、バンは前後対象というのも凄い。というか、軽トラ&軽バンを巨匠に頼むのも凄い。天才デザイナーが手掛けた意外な日本車

ダイハツ ムーヴ

 初代ムーヴのデザインを担当したのはイタリアのイデア。パンパーまで続くAピラーのラインなどはさすがだが、社内デザインとミックスされている。天才デザイナーが手掛けた意外な日本車

ホンダ シティカブリオレ

 ベースは社内のデザインで、なぜかカブリオレ部分だけピニンファリーナが担当。その理由は当時、ソフトトップのデザインと設計、製作はピニンファリーナが世界トップクラスだったから(シティデザイナー談)。天才デザイナーが手掛けた意外な日本車

 ピラーのところにピニンファリーナのバッジが付いているのだが、日本車でカロッツェリアのバッジが付いているのはこれぐらいだろう(特別仕様車は除く)。天才デザイナーが手掛けた意外な日本車

日産 マーチ

 1982年に登場した初代は直線基調の2ボックスで、これはジウジアーロが手がけたもの。

天才デザイナーが手掛けた意外な日本車

 ただ日産が手を入れたのでフツーな感じになり、当時も斬新な印象はなかった。ちなみにこの当時のジウジアーロは似たようなデザインをふたつする傾向にあって(手抜きではないと思うが)、フィアットのウーノを同時期に手がけている。天才デザイナーが手掛けた意外な日本車

元の投稿: Auto Messe Web
なんと軽トラ&軽バンまで! 超メジャー外国人デザイナーが手掛けた意外すぎる日本車たち

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.