やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

こんな「個性的」だったとは! 今見ると「刺さりまくる」デザインの日産の旧車11選

投稿日:

自由と個性を主張したデザインが多かった

 各メーカー、デザインの流れというのはあって、それが持ち味であるし、最近とくに、デザインの重要性は各メーカーとも強く認識するようになっていて、力を入れる傾向にある。しかし、クルマというものはデザインが重要な要素というのは昔から変わりないわけで、今見ると斬新なものも少なくない。今回はアッと驚かされる日産のデザインを振り返ってみうよう。

1)パイクカー

 お馴染みではあるけど、日産のデザインを語るのに外せないのが、バブルが生み出したパイクカーたちだ。該当する車種は、Be-1/パオ/フィガロ/エスカルゴ。経済の盛り上がりを背景に、予算もたっぷりあってどれも自由で個性的だ。いま見ると斬新な日産車

2)シルビア

 今ではFRを活かしたドリ車やチューニングカーのイメージが強いが、元々は美しさを前面に出した2ドアクーペだ。それだけに歴代、注目すべきモデルは多い。いま見ると斬新な日産車

 まずなんといっても斬新だったのが、直線と角をうまく融合させたクリスプカットを取り入れた初代で、生産もその巧妙な造形を再現すべく、殿内製作所と呼ばれる架装メーカーに下請けに出したほど。殿内製作所は日産の試作車製作も請け負っていただけに、手作業も駆使して生産にあたった。その結果、約120万円という当時としては高級サルーン並みの値付けとなってしまい、たった554台が作られたのみだった。いま見ると斬新な日産車

 2代目になると、今度はアメリカ市場を意識してボリュームが大幅にアップ。背負い込んだようなリヤスタイルと、タヌキのようなフロントマスクがとてもユニークだった。いま見ると斬新な日産車

 そしてデートカーとしても名を馳せたS13型シルビアのデザインは「アートフォース・シルビア」と名乗っただけに秀逸で、グッドデザイン賞を受賞したほど。ちなみに宿敵のライバル、プレリュードに対向すべく、ホンダからデザイナーをヘッドハンティングしたとされている。いま見ると斬新な日産車

3)スカイライン

 クールジャパン的デザインとして世界的に評価されているスカイラインのデザイン。ハコスカなど、確かに日本人デザイナーによってしか生み出せないデザインをしているが、逆に海外のカロッツェリアがデザインしたものもある。いま見ると斬新な日産車

 その代表格が、派生モデルのスカイラインスポーツだろう。アメ車的な強烈な釣り目とテールなど、非常にあか抜けたデザインを手がけたのはイタリアのミケロッティ。生産も発表もトリノショーで行なわれたほどだ。ちなみにミケロッティは1960年代当時、日野とも関係が深く、コンテッサなどを手がけている。いま見ると斬新な日産車

 2000GT-Bなどでお馴染みのスカイライン2代目はイタリアのカロッツェリア、スカリオーネがスケッチを描いて、社内でアレンジしたとされる。しかし、ガンディーニとともに奇才と呼ばれ、アルファロメオ・ティーポ33など、超流麗な直線を得意としたことを考えると、実車を見るにつけ、かなり手を入れたのかもしれない。いま見ると斬新な日産車

元の投稿: Auto Messe Web
こんな「個性的」だったとは! 今見ると「刺さりまくる」デザインの日産の旧車11選

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.