やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

「農道のポルシェ」「てんとう虫」「軽初のCVT&フルタイム4WD」! 圧倒的な個性を放つスバルの軽自動車5選

投稿日:

「ヴィヴィオ」「REX」「サンバー(旧車?)」スバルの軽自動車が独自かつ魅力的

 2008年4月の自社開発からの撤退を発表し、2012年3月のサンバー生産終了をもって歴史に終止符を打ったスバル生産の軽自動車。得意分野を伸ばす選択と集中によるプラス思考の退陣から早8年が経過したが、妥協のないマシンメイクはスバルファンを中心に今なお高く評価され、ユーズドマーケットには多くのクルマが流通。独自性の強いスバル軽自動車のなかでも特に個性豊かだったモデル5車種をピックアップしよう!

1)サンバー——農道のポルシェと称賛されたスバルイチの個性派モデル

 1961年に登場し、スバルKカーのなかでもっとも長寿なクルマとなったのがサンバー。駆動方式はスバル360から受け継いだRR(リアエンジン・リア駆動)車。1960年代は数多く存在したが、時代の移り変わりとともにライバルは高効率を追求し、汎用性の高いFF車となったことで、その個性がさらに際立つことに!スバルが独自で開発した軽自動車5台の振り返りコーナー

 空間を広く取れるキャブオーバースタイルをいち早く採用し、十分な荷室スペースを確保。さらにKカーとしては数少ない4輪独立サスによって路面追従を高めることで荷物に伝わるショックを低減するなど、生産効率よりも働くユーザーファーストの考えで作られていた。その後も1980年にはライバルに先駆けて4WDを設定。Kトラ/Kバンとしては唯一の4気筒、スーパーチャージャーエンジンを搭載するなど、使い勝手&走行性能とも抜きんでていた。スバルが独自で開発した軽自動車5台の振り返りコーナー

 ただ、1998年にデビューした6代目以降は最終年の2012年まで14年間フルモデルチェンジされず、基本のメカニズムは1990年登場の5代目から変わらなかったため、性能面やメカニズム面のアドバンテージは年々失われていったが、小回り性など働くクルマのとして必要な基礎能力が優れていたため、ライバルと十分渡り合えた。スバルが独自で開発した軽自動車5台の振り返りコーナー

 また、長崎のハウステンボス用の場内カーとして製作されたノスタルジーなサンバークラッシックが爆発的にヒットし、レトロブームの火付け役となったり、高耐久な専用エンジンを組み込んだ全国の軽貨物運送業の協同組合の赤帽サンバーのような特別なクルマを製造するなど、いち実用車でありながら、自動車雑誌などで話題に上ることもあった稀有なKバンであった。スバルが独自で開発した軽自動車5台の振り返りコーナー

 サンバーは「妥協なきクルマ作り」というスバルの開発思想を商用車というカテゴリーで具現化し、ライバルとは異なる個性も併せ持った特別なモデル。特に6代目サンバーは純血スバルKの魅力を存分に味わえる今だ現役のラストサムライといえるだろう。スバルが独自で開発した軽自動車5台の振り返りコーナー

2)3代目レックス——矢継ぎ早に新機構を投入したスバルK一番の意欲作!

 軽自動車王道のハッチモデルとして1972年から1992年まで20年間に渡って生産されたレックス。3代目は6年間のライフの中で新機構や先進のアイテムが矢継ぎ早に投入されるなどスバルのK史上最も変化に富み、バラエティ豊かなラインアップを持つ車種であった。スバルが独自で開発した軽自動車5台の振り返りコーナー

 まずエンジンは3回も変わった。1986年11月の3代目デビュー当時は先代の2気筒エンジンを改良してキャリーオーバー。ただ、それだけでは終わらないのがスバルで吸気2、排気1のシリンダーヘッド仕様を新規追加している。1989年6月に新開発のEN05型4気筒エンジンにスイッチ。同年に登場した初代レガシィのEJエンジンと同じように、スバルKの次世代を担うユニットとしてバトンを託された渾身の逸品だ。スバルが独自で開発した軽自動車5台の振り返りコーナー

 ただ、2気筒エンジンが戦闘力を失っていたとはいえ、半年後に軽自動車の規格変更を控えた段階で新作を投入はコストを考えると異例。こうした「出し惜しみしない」姿勢は素晴らしいが、経営を圧迫したことは想像に難くない。最後は1990年4月、EN05型のストロークをアップした660㏄化(EN07型)だ。馬力はKカーの上限である64馬力に到達し、ライバルに肩を並べることとなった。スバルが独自で開発した軽自動車5台の振り返りコーナー メカニズム面は1987年1月にKカー初のフルタイム4WDを追加。当時のスタンダードであったセンターデフ方式ではなく、片輪のタイヤが空転しても駆動力を失わないようにリアデフの左右に2個セットする「ツインビスコ式」という独自のシステムだった。6月には現在、ATの主流となっているCVTをKカー初搭載。今に繋がる先鞭をつけたのもレックス&スバルだ。1988年3月にはKカー唯一のスーパーチャージャー仕様を、同年5月には仕様当時流行だったキャンバストップ仕様をラインアップするなど、新機構を続々投入し、当時のKカーをリードしていた。スバルが独自で開発した軽自動車5台の振り返りコーナー

 デザインもスラントノーズに傾斜したウィンドウ、グリルレスのフロントフェイスなど空力を重視した先進のスタイルに刷新するなど意欲的な作品だったが、最初からなぜかすべての歯車が噛み合わず、商業的には大成功とはならなかった。ただ、3代目レックスは次世代への橋渡しとして、果たした役割は決して小さくない。こうした新しいメカニズムは次期モデルのVIVIOで花開くこととなる。

元の投稿: Auto Messe Web
「農道のポルシェ」「てんとう虫」「軽初のCVT&フルタイム4WD」! 圧倒的な個性を放つスバルの軽自動車5選

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.