やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

太陽の神「ニカ」の正体は…“勇敢なる海の戦士”ウソップ!?

投稿日:

第1018話“ジンベエVSフーズ・フー”にて、フーズフーの口から太古の昔の“伝説の戦士”の存在が語られた。

その人物は「太陽の神ニカ」

9479.jpg

太古の昔に…奴隷達がいつか自分達を

救ってくれると信じた伝説の戦士だそうだ!!

「太陽の神ニカ」!!!

実在したのか妄想か…

人を笑わせ苦悩から解放してくれる戦士

ここにきてまた謎多き、そして重要度の高そうな人物が登場したね。

今回はこの「太陽の神ニカ」について様々な角度から考えてみたい。

 

太陽の神を信仰する土地

第1018話の感想で「太陽の神」を信仰する土地として「黄金都市シャンドラ」をあげた。

他にも「巨人国エルバフ」でも「太陽の神」というワードが出ていた。

9480.jpg

シャンドラとエルバフ。

この2つの土地にはどちらも「戦士」が存在する。

太陽の神ニカも伝説の「戦士」と言われているし、この繋がりは非常に興味深い。
 

太陽のシンボルマーク

太陽の神ではないか、太陽をシンボルとする国・家柄・団体も多く存在する。

代表的なのは「アラバスタ王国」。

国の船にも使われているこのマークはおそらく国章だろう。

これと似たマークが使われているのがワノ国光月家の家紋。

9481.jpg

アラバスタは「空白の100年」において、「ある巨大な王国」の敵となった20ヶ国の連合軍に含まれてはいたが、マリージョアに行かなかった「裏切り者」とされている国。

そしてワノ国の光月家も「ある巨大な王国」と関係が深い。

この両者に共通して太陽を模したシンボルマークが刻まれているのは、偶然ではないだろう。
 

タイヨウの刻印は解放と自由の証

そして太陽のシンボルマークと言えば、忘れてはいけないのが“タイヨウの海賊団”。

フィッシャータイガーを中心に魚人族(人魚族)と天竜人の奴隷となっていた者達で結成した海賊団だ。

奴隷の烙印を消す為に上書きした太陽の刻印。

タイヨウの海賊団の根底にある思想は「解放」と「自由」

9482.jpg

このタイヨウのマークにも同じ意味が込められていると思われる。

つまり太陽のシンボルマークを持つ国々や、太陽の神を信仰する者者の根底に流れているものも「解放」と「自由」だろう。

太陽の神ニカの伝説も「いつか奴隷達を救い」「人を笑わせ苦悩から解放してくれる戦士」なワケだしね。

ニカはシャンディアの先祖?

さて、これまでの事を踏まえて改めて「太陽の神ニカ」のシルエットを見てみよう。

9479.jpg

槍や短剣、頭の装飾や腰蓑を見るに、ニカはシャンディアと深い繋がりがある存在に見える。

前述したようにシャンディアは太陽の神を崇拝している。

そして同じく「先祖」を「神のように崇拝している」とカルガラは言っていた。

9483.jpg

つまりシャンディアの先祖=太陽の神二ケ??

そんなシャンデェア達が守っていたポーネグリフは魚人島の人魚姫「ポセイドン」について記述されたものだった。

ニカの名を聞いた時のジンベエの反応を見るに、ニカの存在は魚人族に広く言い伝えられているのだろう。

いつか奴隷達を解放する伝説の戦士ニカと、長く奴隷の歴史を持っている魚人族…この繋がりは太古の昔=「空白の100年」まで遡るのかな。

元の投稿: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
太陽の神「ニカ」の正体は…“勇敢なる海の戦士”ウソップ!?

AD336

AD336

-ワンピース
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.