やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

R34より売れたのに何故「失敗作」と言われるのか? R33スカイラインGT-Rが「仲間外れ」にされる真相

投稿日:

第2世代GT-Rの次男坊はダメ男か隠れた秀才か

 R32GT-Rの発表から32年。いまだにスカイラインGT-Rの人気は衰えない。R32、R33、R34という「第2世代GT-R」は経年劣化や純正部品の製造廃止などネガティブな要素も多い中、中古車市場でも驚くべき価格で取引されている。とはいえ、現役当時から今まで、なぜかR33は仲間はずれというか、イマイチと話すRファンが多い。それはなぜか? 本当に「イケてない」クルマだったのか? 発売当時を振り返りつつ、あらためてR33スカイラインGT-Rを振り返る。

実は超絶進化を遂げていたR33スカイラインGT-Rの功績について

絶大なる期待に応えたR32の陰に隠れたR33

 1989年8月、R32GT-Rが登場。16年振りに復活したGT-Rブランドに世のクルマ好きは狂喜した。2.6L直列6気筒4バルブDOHCにターボをふたつも装着したRB26DETTエンジンは、当時の自主規制上限の280psをカタログに謳う。実質300psオーバーとの噂もあったほど、当時は群を抜く高性能エンジンの登場だった。さらにシャーシ面でも電子制御化されたトルクスプリット4WDシステム(アテーサE-TS)を採用。FRとも4WDともつかない、圧倒的なパフォーマンスを見せる走りに世の走り屋は完全にノックアウトされた。レースの世界でも大活躍。グループAレースではデビュー以降、無敗の29連勝を飾り、サーキットでもGT-R旋風は吹き荒れたのだった。

実は超絶進化を遂げていたR33スカイラインGT-Rの功績について

大不評だったR33GT-Rのプロトタイプ発表

 そんな衝撃的なデビューを遂げたR32GT-Rも、1994年12月には後継のR33GT-Rに座を譲り、表舞台を去ることになった。ベースのR33スカイラインは、ひと足早く1993年8月にデビューしていた。C33ローレルとシャーシを共有したR33スカイラインはホイールベースも長くなり、とくに走りに関してはボディ剛性の低さを指摘するジャーナリストも多く評判はイマイチだった。

 その年の10月に行われた第30回東京モーターショーでは、R33GT-Rのプロトタイプがお披露目されたがこれが不評。ボディは見た目にも大きくなりボテッとした印象で、とってつけたようなリヤスポイラーがさらにその印象を悪くしていた。先代のR32GT-Rの獲物を狙う肉食獣のような精悍さは、そこには微塵もなかった。

実は超絶進化を遂げていたR33スカイラインGT-Rの功績について

 当時、多くのメディアで「R33GT-Rがどのようなクルマになるか?」という記事が多かった。大方はすでに販売されていたR33スカイラインのタイプMを試乗し、そこから次なるGT-Rの姿を予想したのであるが、ネガティブな内容が多かったため、R33GT-Rに対する世間の期待感は薄くなる一方だった。

実は超絶進化を遂げていたR33スカイラインGT-Rの功績について

 実際、R32GT-Rの登録台数を振り返ると、1992年は7961台、1993年は6204台とモデル末期に向けてその台数はご多分に漏れず減少していた。しかし、1994年は10月までと2カ月ほど短いにも関わらず7465台と上昇に転じていたのだ。まさに次期型のR33GT-Rに対する期待薄からの駆け込み需要とも受け取れる現象だったのである。

実は超絶進化を遂げていたR33スカイラインGT-Rの功績について

グループAを戦ったプロも唸った超絶進化

 そんな不遇のデビューを飾ることになったR33GT-Rの発表・発売は1995年の1月6日。この日はチューニングカーの祭典である東京オートサロンの開催中でもあった。会場にはベールに包まれたR33GT-Rと思しきクルマがいくつか展示されていたが、日産自動車の発表時間に合わせてアンベールされ、その姿を見せたのであった。

実は超絶進化を遂げていたR33スカイラインGT-Rの功績について

 このころ、筑波サーキットではメディア向けの試乗会が行われた。当時ニスモに在籍していた筆者のもとに、筑波帰りの木下隆之選手が訪れてくれた。木下選手と言えば、R32GT-RでN1耐久レースやグループAでも活躍した自他ともに認めるGT-R使いだ。その木下選手が興奮気味に語るのである。「今度のGT-Rはスゲェーいいよ。とにかく曲がるんだからびっくりした。R32のアンダーステアが一体何だったのか? という感じだぜ。アンダーの『ア』の字もないよ。激変しているから、開発車が納車されたすぐに乗ったほうがいい」

実は超絶進化を遂げていたR33スカイラインGT-Rの功績について

 それから間もなく、ニスモに商品開発用の開発車が納車されたので、木下選手の言うようにその日の夜はR33GT-Rで帰宅することにした。

 最初の驚きは鈴ヶ森の料金所から首都高に入る最初の右コーナー。「コレはいい!」と思い、そのまま環状線を軽く流して帰ったことを思い出す。R32GT-Rはコーナーを曲がるときにアウト側のフロントタイヤのショルダー部で曲がるような印象だったが、R33GT-Rはフロントタイヤのトレッド面で路面を掴んでいる感覚がハンドルを通して伝わってくる点に驚いた。その進化の度合いが大きく、初めて「GT-Rってスゲェな」と思ったのだ。確かにドイツのサーキット「ニュルブルクリンク」のタイムがR32GT-Rよりも21秒速いという「マイナス21秒ロマン」のキャッチコピーは伊達じゃないと思った。

実は超絶進化を遂げていたR33スカイラインGT-Rの功績について

The post R34より売れたのに何故「失敗作」と言われるのか? R33スカイラインGT-Rが「仲間外れ」にされる真相 first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
R34より売れたのに何故「失敗作」と言われるのか? R33スカイラインGT-Rが「仲間外れ」にされる真相

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.