やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

「最初から最後まですべてが早すぎ、遅すぎた」ホンダNSX生産終了にファンが吐露した「本音」とは

投稿日:

短命に終わった2代目NSXに思うこと

 2代目NSXが2022年12月、生産開始からわずか7年弱でその歴史に幕を閉じる。 2021年8月3日、世界350台(うち北米300台、日本30台、その他20台)限定の最終モデル「タイプS」の先行発表とともにホンダから告げられたこのあっけない終焉に、ホンダファンならずとも思う所は多いだろう。ホンダNSXタイプS

 そんな2代目NSX生産終了の報に対する筆者の思いは、「最初から最後まですべてが早すぎ、遅すぎた」という、矛盾に満ちたものだった。 2代目NSXの国内デビューは2016年8月である。発売は翌2017年2月だが、最大の市場であり新たな生産拠点となった北米では2015年1月のデトロイトショーで量産モデルが世界初公開され、翌2016年4月より生産開始。第一号車が翌5月に納車されている。2015年1月のデトロイトショーで量産モデルが世界初公開されたアキュラNSX

コンセプトモデルの段階で方向性が確定していた

 しかしながら、そのコンセプトモデルが発表されたのは、さらにさかのぼること3年、2012年1月のデトロイトショーだった。この時点ですでに、V6エンジンとモーター内蔵デュアルクラッチトランスミッションをミッドに搭載し後輪を駆動、2基のモーターで前輪の左右を独立して駆動する「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載。高度なトルクベクタリングを実現するという基本的な走りのメカニズム、またデザインの方向性は固められていた。NSXコンセプト コンセプトモデルの発表から量産モデルの発売まで、北米でも約4年半。日本に至っては5年強。この間に自動車を取り巻く環境は、「CASE」という単語を引き合いに出すまでもなく激変した。結果として量産モデル発売時点で、コンセプトモデルとほぼ変わらないエクステリアデザインは著しく陳腐化が進んでしまった。「スポーツハイブリッドSH-AWD」も2013年12月デビューのアキュラRLXおよび、その日本仕様として2014年11月に発表された5代目ホンダ・レジェンドが先に採用したことで、新鮮味は薄れていた。5代目ホンダ・レジェンド

The post 「最初から最後まですべてが早すぎ、遅すぎた」ホンダNSX生産終了にファンが吐露した「本音」とは first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
「最初から最後まですべてが早すぎ、遅すぎた」ホンダNSX生産終了にファンが吐露した「本音」とは

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.