やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

カリブーがカイドウの部下にならず兎丼に収監されていた理由

投稿日:

カリブー海賊団 船長“濡れ髪のカリブー”

8247.jpg

今年のルーキーとして鳴り物入りで新世界にやってきた人物だ。

しかし紆余曲折あって現在ワノ国におり、少し前まで兎丼の囚人採掘場で働かされていた。

カリブーがワノ国にいる経緯を簡単にまとめるとこうだ。

カイドウのお気に入りの冬島に流れ着く
その様の守備を任されているのはスコッチ
武器製造をさせられている労働者達
革命の子ガブル隊長と似ていたカリブー
立ち上がり反乱を起こす労働者達
あっさりとスコッチに制圧
ヌマヌマの能力でスコッチを倒すカリブー
しかしドレークが現れ全滅&カリブー連行
ワノ国 兎丼の囚人採掘場へ…


この時のドレークは既に“百獣海賊団”の一員。

カリブーをワノ国へ連行した理由は、カイドウからの評価を上げる為だろうか。

(※ドレークは海軍の潜入の為、カイドウからの信用を得て百獣海賊団内での地位を上げ、様々な情報を得易い状況を作ろうとしていると思われる。)

そのカイドウは、最強の軍隊を作る為に常に強い兵隊を求めている。

スコッチを倒したカリブーなら、強い兵隊としてカイドウも気にいるだろうというドレークの判断だ。

しかし、気になるのはここから。

カリブーはカイドウの部下にならず、兎丼の囚人採掘場で働いていた。

カリブーのキャラクターを考えればカイドウにへりくだり、自身の気持ちを欺いてでも部下になって、“百獣海賊団”である程度の地位を得ようとしそうなものだ。

元の投稿: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
カリブーがカイドウの部下にならず兎丼に収監されていた理由

AD336

AD336

-ワンピース
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.