やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

ロジャーが「ラフテル(笑い話)」と名付けた島にあった「莫大な宝」とは?

投稿日:

第967話“ロジャーの冒険”にて、遂にロジャー海賊団がグランドライン最後の島に辿り着き、そこにあった莫大な宝を目の前にした。

それを見たロジャーとクルー達は皆一様に大笑い。

7755.jpg

そして、最後の島に「ラフテル(Laugh Tale=笑い話)」という名前をつけた。

そこに実際にあった「莫大な宝」とはどういうものだったのだろうか。

今回はその宝について改めて考えてみたい。

まずONE PIECE(ひとつなぎの大秘宝)についてこれまで語られてきた既存の情報と、今回明らかとなった新情報を箇条書きでまとめてみる。

●“ONE PIECE(ひとつなぎの大秘宝)”は実在する宝

●その宝を誰かが見つけた時、世界はひっくり返る

●世界中を巻き込むほどの巨大な戦いが起こる

●ロジャー達もオハラも、少々急ぎすぎた?

●ワンピース=自分達の成長ではない

●ルフィ達にとって「ご褒美」となるもの

●大切な人(例:エース)を生き返らせるといった事ではない

●人魚姫に“兵器”と名付けた奴らがこの世に残したもの

●世界の全てを知ることの出来るもの

●本当にあった莫大な宝

●「目の前に」見ることができる宝

●ジョイボーイが残したもの

●それを目にしたロジャー海賊団は一同みな涙が出るほど笑った

こんな所だろうか?

元の投稿: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
ロジャーが「ラフテル(笑い話)」と名付けた島にあった「莫大な宝」とは?

AD336

AD336

-ワンピース
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.