やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

高性能がゆえにクルマを壊す! 旧車乗りが「使ってはいけない」いまどきパーツ4つ

投稿日:

旧車は「最新」「高性能」なモノがベストとは限らない

 クルマにしてもパーツにしても、基本的には「最新のものが最高の性能」と言える。とくにクルマは技術進化の度合いが激しいので尚更だが、なんでもかんでも新しいものが良いとは限らないこともある。

 たとえば旧車では、最新のパーツや部品が悪さをすることもあるので注意が必要だ。宣伝文句や製品の詳細を見ると、装着したくなる気持ちも分からないでもないが、結局は不調の原因になったり、最悪の場合はクルマの寿命を縮めたりするので、よく考えてから使うようにしたい。今回は、旧車では避けたいものをまとめてみた。旧車は「最新」「高性能」なモノがベストとは限らない

【100%化学合成オイル】

 これは知っている方も多いと思うが、旧車が現役だった時代は鉱物油が主流。一方、現在は化学合成油が多い。けれど「旧車は化学合成油の使用を避けたほうが良い」と言われることが多い。なぜなら化学合成油はゴムのオイルシールにダメージを与える可能性があるから。シール適合性(シール攻撃性)と呼ばれるもので、ベースオイルによって縮んだり(PAO)、ふかふかになって膨らんだり(エステル)してしまう。そうなると、もちろんオイルが漏れる原因になる。旧車は化学合成油の使用を避けたほうが良いと言われている

 鉱物油はオイルシールに対するダメージが少なく、旧車には鉱物油を使ったほうが良い言われるのはこれが理由だ。ちなみに現代のクルマに使われているのは問題のないゴムなので、ベースオイルが原因で漏れることはない。鉱物油はオイルシールに対するダメージが少ない

 ただ、絶対に鉱物油でないとダメかというと、一概には言えず、じつは化学合成油でも種類によってはシール適合性に問題ないものがあるし、添加剤で対応しているオイルもあるので、気になる場合はオイルメーカーに聞いてみると良いだろう。化学合成油でも種類によってはシール適合性に問題ないものがある

【イリジウムプラグ】

 現代のクルマに装着すると加速や燃費が良くなったりするので、人気のあるイリジウムプラグ。この点は否定しないが、旧車での使用は慎重にしたい。理由は、もし燃料が濃くてカブリ気味になると性能が落ちるから。要は燃調に幅があるキャブレターとの相性が良くなく、基本的にはインジェクションのエンジンでこそ性能が発揮されるものと考えたほうが無難。キャブレター車で使いたい場合は、セッティングをできるだけキッチリと出すようにしたい。イリジウムプラグを旧車に使用する場合は慎重に

元の投稿: Auto Messe Web
高性能がゆえにクルマを壊す! 旧車乗りが「使ってはいけない」いまどきパーツ4つ

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.