やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

「アルファロメオ」「サーブ」「フィアット」「ランチア」! メーカーの垣根を越えた夢の「4兄弟」プロジェクトとは

投稿日:

4車がそれぞれのブランドの味を表現しきっていた

 ティーポ4(クワトロ)プロジェクト。そう聞いて「そういうのがあったよなぁ」と懐かしく思う方は、こだわり派の輸入車マニアかもしれない。最近でこそ自動車メーカーの垣根を越えた協業は決して珍しくないし、資本提携によってA社のクルマをB社のクルマとして仕立て直して自社のラインアップに用意する……そんな例は、よくあることだ。

 かつてW124のころのメルセデス・ベンツ500EのV8エンジンはポルシェが手がけた例もあったし、近年ならトヨタのGRスープラとBMW Z4、トヨタGR 86とSUBAR BRZといった例もある。ティーポ4プロジェクト

ティーポ4プロジェクトとは?

 おさらいをしておくと、最初(1979年)にスウェーデンのサーブとイタリアのランチアが合意、さらにフィアット、アルファロメオが加わり、この計4社で効率的にアッパーミドルクラスの新型車の開発を行うことにしたのが、このティーポ4プロジェクトだった。

 当時の欧州、北米市場で人気のあったメルセデス・ベンツ(W123)、BMW5シリーズ(E12)らと同じセグメントのクルマの投入を計画。今でいうプラットフォームを共用化することで開発コストを抑える効果を狙った。とはいえ“土台”は同じながら、ボディはもちろん、エンジン、サスペンションなどは(結果的に)各社独自とすることで、ブランドごとの個性、アイデンティティは保たれた。

The post 「アルファロメオ」「サーブ」「フィアット」「ランチア」! メーカーの垣根を越えた夢の「4兄弟」プロジェクトとは first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
「アルファロメオ」「サーブ」「フィアット」「ランチア」! メーカーの垣根を越えた夢の「4兄弟」プロジェクトとは

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.