やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

栄光のトップは意外にも「セダン」! 現役「スバルおたく」が選ぶ「歴代レガシィ」勝手にベスト6

投稿日:

4世代のレガシィを乗り継いだ元オーナーがベストモデルを選出!

 スバル車のフラッグシップとして君臨してきたレガシィ。名車として誉れ高く世代ごとにファンが多いそんなレガシィも、つい先日7代目にあたるレガシィとしてアウトバックのニューモデルが発表されたばかり。何を隠そう筆者も初代レガシィに憧れ、2代目/3代目/4代目/5代目のレガシィを乗り継いできた。今回は歴代モデルのなかから、独断と偏見で選んだベスト6を紹介したい。

第6位:SIシャーシの採用でGT性能も備えたツーリングワゴン

【BS型レガシィアウトバックX-BREAK】

 先代モデルにあたるBS型レガシィアウトバック。SIシャーシと呼ばれる旧世代のシャーシながら、その熟成度から新世代プラットフォーム「Subaru Global Plat Form=SGP」にも引けを取らない剛性感をもつ。さらに、最上級グレード「Limited」に装備される専用ダンパー「スタブレックスライド」が特別仕様車のX-BREAK(車両自体がLimitedベース)にも採用され、しなやかで上質な乗り心地を自体していた。BS型レガシィアウトバックX-BREAK 北米仕様のクロスバータイプのルーフレールは、新型アウトバックのLimited EXにも採用されているものと同じ。専用アルミホイールやフロントグリルと合わせて、エクステリアをよりワイルドな印象としつつ、実用性も兼ね備えている。BSレガシィアウトバック(ルーフレール) もちろん6代目ならではの室内空間の広さも相まって、グランドツーリング性能を存分に堪能できる一台であった。

第5位:2L DOHC NAエンジン×ビルシュタイン製ダンパー採用の希少モデル

【BP型レガシィツーリングワゴン/BL型レガシィB4 2.0R spec.B】

 レガシィといえば、5代目まではターボモデルが主力とされてきたが、隠れた名車としてぜひ推したいのがBP/BL型(4代目)に設定された2.0R spec.Bだ。名機として名高いEJ20エンジンの素のポテンシャルを味わえる希少なモデルには、2L DOHC NAエンジンを搭載。2.0R自体は登場時から設定されていたのだが、ビルシュタイン製ダンパーを組み合わせた2.0R spec.Bは、E型と呼ばれる2007年モデルにのみ設定されていたレアグレード。BP型レガシィツーリングワゴン2.0Rspec.B とくにBP/BL最終型となるF型(2008年モデル)には、2.0L DOHC NAモデルのラインアップがなくなったため貴重な存在。5速MT仕様はワゴンでも1400kgを切る軽量な車重により、軽快な走りが魅力であった。BL型レガシィB4 2.0Rspec.B

第4位:2Lモデルとして国産車初の280psを達成したスポーツワゴン

【BG型レガシィツーリングワゴンGT-B】

 歴代スバル車でもっとも人気を博した、2代目レガシィツーリングワゴン。その後期型に設定されたGT-Bは、2Lクラスで国産車初の280psをマークしたモデルとして多くのクルマ好きの注目を集めた。BG型レガシィツーリングワゴンGT-B その後のレガシィの代名詞となったビルシュタイン製ダンパーが装備されており、当時としては大径の17インチアルミホイールも採用。パワフルなエンジンに、スポーティな足まわりの組み合わせがワゴンらしからぬ走りを見せつけた。BG型レガシィツーリングワゴンGT-B(コクピット)当時はウインタースポーツからサーキットまで、幅広く楽しめる万能マシンとして大ヒット。街なかにピュアホワイトのGT-Bが溢れていたほどで、女子ウケもかなりよかった。

The post 栄光のトップは意外にも「セダン」! 現役「スバルおたく」が選ぶ「歴代レガシィ」勝手にベスト6 first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
栄光のトップは意外にも「セダン」! 現役「スバルおたく」が選ぶ「歴代レガシィ」勝手にベスト6

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.