やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

「隼人ピーターソン」の愛車で話題に! 世界一美しいクーペの呼び声高い「BMW 3.0CSL」とは

投稿日:

レースでも活躍していた3.0SCL

 エキゾチックなイタリア製のスーパーカーに対して、落ち着いたなかにもインテリジェント感の漂うゲルマン・メイドのスーパーカーがBMWの3.0CSLです。サーキットの狼には隼人ピーターソンの愛車として登場。懐かしさを感じるオジサン世代もいるはずです。今回は、そんなBMW3.0CSLを振り返ります。

戦後も大型車から再スタートしたBMW

 第一次大戦前の1916年に設立されたBMWは、Bayerische Motoren Werke AG(独語でバイエルン発動機製造株式会社の意)のフルネームが示すように、エンジンメーカーとして発展してきました。そして28年には念願だった4輪車の生産を始めています。

 第二次大戦でドイツは再び敗戦国となり、戦後、BMWまたイチから出直しとなりました。こうした場合、通常は2輪車とか小型車からスタートするのですが、BMWはいきなり大型車の501で再スタートを切っています。BMW501

 大型車といっても2Lの直6エンジンでしたから、最近の大型車に比べると可愛いものでした。やはり時期尚早だったようで、営業的には厳しい数字しか残っていません。そんなBMWは、イセッタのライセンス生産で糊口を凌いでいました。イセッタの販売が軌道に乗り、その発展モデルの600、700をリリースすることになったのです。BMWイセッタ

 ここまでが言うならばホップとステップで、さらにその次の一手、文字通りのジャンプとなったのが1961年のフランクフルトショーで発表した1500。いわゆるノイエクラッセ(Neue Klasse=独。新しいクラスの意)のトップバッターによって、その繁栄は揺るぎないものになりました。

 1500はやがて1800、2000とモデルラインを充実させ、4ドアセダンだけでなく02シリーズと呼ばれる2ドアセダンもラインアップしていきます。ちなみに、2000の2ドアモデル、2002にヨーロッパで初となるターボモデルが登場します。2002ターボ、愛称“マルニ・ターボ”についてはまた機会を改めて紹介することにします。BMW1800

 さて、ノイエクラッセの上級モデルとなる大型車、E3のコードネームを持つ4ドアリムジーネが1968年に登場します。そして1970年代後半にはノイエクラッセが5シリーズに、02シリーズは3シリーズに、さらにE3リムジーネが7シリーズへと発展していくことになります。

 そこで気になるのが2ドアクーペの6シリーズですが、その前身となったモデルが今回のメインテーマ、BMW3.0CSLをトップモデルとしてE9のコードネームを持つ2ドアクーペシリーズでした。それにしても、戦後の国民生活が厳しい時代に、まず502のような大型車から生産を始めるなど、BMWには企業体質として上級モデル志向があるのでしょうか?BMW3.0CS

The post 「隼人ピーターソン」の愛車で話題に! 世界一美しいクーペの呼び声高い「BMW 3.0CSL」とは first appeared on AUTO MESSE WEB.
元の投稿: Auto Messe Web
「隼人ピーターソン」の愛車で話題に! 世界一美しいクーペの呼び声高い「BMW 3.0CSL」とは

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2022 All Rights Reserved.