やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

初代ロードスターの偉大さはココでもわかる! マツダ以外からも多数登場した「限定車」の魅力

投稿日:

ロードスターの世界観をさらに広げる限定車がたびたびリリースされた

 最初のNA型が登場してから今年で33年、2代目のNB型へとバトンタッチしてからもすでに24年が経つ。けれど筆者は元NA型オーナーだったこともあってか、いまだに“ユーノス・ロードスター”の呼び名のほうがじつはシックリくる。誤解のないように書いておけば、決して2代目以降のマツダ・ロードスターに興味がないワケではないし、現在の4代目ND型までマツダが連綿と大事に育ててきたロードスターは、あらためるまでもなく素晴らしく偉大な存在だ。ND型が登場した際、当時デザインのまとめ役だったマツダのNさんが「変えないために変える」と仰っているのを聞いて「なるほどな」と思わせられた。

 とはいえ、やはり初代“ユーノス・ロードスター”の存在は大きかった。世界中の名だたる自動車メーカーを巻き込んで、小型オープン2シーターのブームを起こしたのはご承知のとおりだが、「やっぱり走らせて楽しいクルマは理屈抜きでいいよね」と、多くのオープンモデル初体験のユーザーからエンスージャストまでを虜にした功績は大きい。

30km/hで流していても楽しいロードスター

 何を隠そう(すでに表明済みで隠していないが)筆者も最初のユーノス・ロードスターに心を奪われたひとり。周囲で何人ものロードスター乗りが現れるなか、どちらかというとマイナーな車種を選ぶタイプだったにも関わらず、ユーノス・ロードスター(と新旧ミニ)は例外的に呆気なく気持ちが靡き、その気持ちに抗わずに乗ることを決めた。

 前にどこかでも書いたが、いざ注文書にサインをするためディーラーに出向き、必要事項を書き終えた書類を確認する段になり、超人気車だったから「諸費用はこちらで、それとお値引きは0円となります」とサラッと念を押されながらもそんなことは上の空で「はい、わかりました」と返事をしたのを覚えている。

 ともかくユーノス・ロードスターはたとえ30km/hで流していても楽しく、オープンで走らせていると少し低く粒立ちのいい排気音(標準のマフラーで筆者には十分だった)を時折楽しみながら、小野リサやゴンチチのCDを聴きながら走らせて爽快な気分を味わったものだ。

 ところでそんな初代ユーノス・ロードスター時代には、クルマの世界観をさらに広げる限定車がたびたびリリースされた。限定車というと、オーナーの立場としては標準モデルにはない仕様、装備であれば羨ましい存在でもあるもの。

 だが自分のロードスターを存分に自分仕様にして乗っていた最中だったから(そんな話は標準車の話ができる機会があればそのときにでも)、羨ましいのはもちろんだったが「ほほぉ、その色で来ましたか」などと、割と冷静にもうひとりの自分が眺めていたようにも思う。とはいえパンフレット(カタログ)を入手し、今でもとっておくくらいだからキライじゃないどころか、つねに興味津々であったことは確かだが……。

The post 初代ロードスターの偉大さはココでもわかる! マツダ以外からも多数登場した「限定車」の魅力 first appeared on AUTO MESSE WEB.
元の投稿: Auto Messe Web
初代ロードスターの偉大さはココでもわかる! マツダ以外からも多数登場した「限定車」の魅力

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2022 All Rights Reserved.