やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

2650万円!!「Sクラス」ではないマイバッハ「62S」が新車時の半値以下ならアリ? エンジンはAMG製V12を搭載

投稿日:

独自のボディを持つマイバッハは評価されやすい?

2024年1月25〜26日、RMサザビーズがアメリカ・アリゾナで開催したオークションにおいてマイバッハ「62S」が出品されました。同車について振り返りながらお伝えします。

車名の「62S」はホイールベースを示していた

1909年にドイツで創業したエンジン製造会社にまで、その歴史をさかのぼることができるマイバッハ。ヴィルヘイム・マイバッハと、その子息であるカール・マイバッハによって設立されたこの会社は、第一次世界大戦以前には高級車の生産で高い評価を得てきたが、第二次世界大戦の終結までは一転、軍用のエンジンを製作する裏方の仕事に終始していた。

そして1952年、カール・マイバッハがマイバッハ社の経営から引退すると、同社はダイムラー・ベンツ社の傘下に収められ、その後MTU社として鉄道や船舶、あるいは産業用のディーゼルエンジンの開発や生産に携わるに至ったのである。

そのマイバッハという名前を、かつての高級車ブランドとして復活させようという考えが、当時のダイムラー・クライスラー社の中で持ち上がったのは、1990年代も半ばを迎えようとしていた頃だった。

今も変わらないことだが、メルセデス・ベンツの最上級サルーンといえば、それはいつの時代も「Sクラス」であり、このSクラスを超えるサルーンを、当時ほとんど知名度がなくなっていたマイバッハのブランドで発売することに抵抗があった首脳も、同社の中には少なからず存在した。

しかしメルセデス・ベンツには、Sクラスを超えた超高級サルーン、表現を変えるのならば、例えばロールス・ロイスなどに直接対抗する新型車は必要不可欠な存在だったのだ。マイバッハ・ブランドの復活が、初めてオフィシャルな舞台で宣言されたのは、1997年の東京モーターショーでのことだった。

ここに当時のダイムラー・ベンツ社は、Sクラスをベースとしたコンセプトカー、「メルセデス・ベンツ・マイバッハ」を出品。それは大きな話題を呼んだが、実際にプロダクションモデルのマイバッハが誕生するまでには、それからさらに5年近くの年月を必要とした。

2002年にデビューしたマイバッハは、スタンダード・ホイールベースの「57」と、ロングホイールベースの「62」の両モデル。この数字は全長を意味するもので、ボートなどの世界にも造詣が深い富裕層には馴染みがあるだろうということが、このネーミングの由来だった。

The post 2650万円!!「Sクラス」ではないマイバッハ「62S」が新車時の半値以下ならアリ? エンジンはAMG製V12を搭載 first appeared on AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ).
元の投稿: Auto Messe Web
2650万円!!「Sクラス」ではないマイバッハ「62S」が新車時の半値以下ならアリ? エンジンはAMG製V12を搭載

AD336

AD336

-改造車
-