やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

費用や準備するものは? クルマのカギを紛失したときの対処法とは

投稿日:

いざという時にスペアキーは非常に役立つ

 もしも、クルマで出かけた先で、鍵をなくしてしまった場合はどうすればいいのか。インターネットで検索すると、鍵の専門店やロックサービスは、全国どこにでもたくさんある。つまり、それだけ鍵のトラブル、紛失が多いということ。ドアを開錠するだけならJAFを呼んだり、自動車保険のロードサービスを呼べば解決するが、それだけではエンジンをかけて移動することはできない。この場合の解決策は主に以下の3つがある。

1)自宅にスペアキーを取りに行く(もしくは家族に届けてもらう)
2 )ディーラーか鍵の専門業者にスペアキーを作ってもらう
3 )JAFや自動車保険のロードサービスにレッカーを頼んで帰宅する

 鍵をなくした場所が自宅から近ければ、1)が一番手っ取り早い。そうじゃなければ、JAF会員なら15kmまでのレッカーは無料。保険会社のロードサービスは、会社にもよるが100km以内、レッカー代15万円以内といった保証が受けられるので、これらを利用するのもひとつの手と言える。問題は、自宅から遠方だったり、すぐには帰宅できないというケースだ。クルマの鍵を紛失したときの3つの対処法

 この場合、鍵の専門店を呼ぶしかない。ネットで調べて連絡すれば、よほど僻地ではない限り、30分ぐらいで駆け付けてくれて、その場でスペアキーを作ってもらえることが可能だ。気になる料金は下記の通り。

・従来からあるスタンダードな「刻みキー」:1万5000円前後
・機械的なウェーブキー:1.5~2万円
・イモビライザー付き:3~4万円
・スマートキー:3~8万円

 イモビライザー付きのカギや、スマートキーは高額になるほか、対応できる業者は限られているので、救援依頼をするときに確認が必要となる。そして、その際は以下の情報が必要。

・メーカーと車種
・年式(初度登録年月 車検証で確認)
・型式指定番号(車検証で確認)
・クルマが止まっている場所
・鍵の種類

 これらを準備しておき、支払方法も相談しておいた方がいいだろう。

 なお、費用も業者によって多少のばらつきがあるので、業者のホームページの料金表を見比べたり、電話で見積もりを確認するのもポイント(※イモビライザーの有無はとくに重要。イモビライザー付きのクルマには、窓ガラスに南京錠のようなシールが貼ってあったり、鍵印のインジケーターランプがある)。

 スペアキーの製作は、ディーラーに頼むこともできるが、新しい鍵ができるまで数日から1週間かかるので、その場での対応は望めない。クルマの鍵を紛失したときの3つの対処法

 また費用はスマートキーだとディーラーに頼むと5万円以上もかかるケースがあるので、時間面でもコスト面でも、鍵の専門店の方がメリットは大きい。自宅に鍵を取りに帰った人もレッカーで帰宅した人も、スペアキーがないというのは心許ないので、メインキーをなくしてしまった場合は早めにひとつはスペアキーを作っておこう。

 鍵をなくした現場近くの警察に、紛失届を出しておくのも忘れずに。

元の投稿: Auto Messe Web
費用や準備するものは? クルマのカギを紛失したときの対処法とは

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2020 All Rights Reserved.