やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

新型が欲しいけど「納車待ち」がハンパない! 今人気のジムニーを狙うなら、あえて「3代目」をオススメする理由とは

投稿日:

遊び倒すなら旧型のJB23がオススメ!

 昨今のアウトドアブームはクルマ業界にも波及。なかでもジムニーは約20年ぶりのフルモデルチェンジが重なって、現在も納車までに1年はかかるという話があるほどだ。とはいっても車検のタイミングで乗り換える人や、そんなに待てず違うクルマを検討する人もいるはず。どうしても現行型が欲しいならガマンするしかないが、遊び倒すなら旧型のJB23という選択肢を考えてみたい。

車両価格が安くタマ数が豊富

 オススメする最大の理由は車両の安さとタマ数の豊富さ。3代目のJB23は生産が1998~2018年と異例の長さで、中古車も価格や程度に応じて選び放題の状況といえる。インターネットで検索すると中古車は2000台を超え、価格帯もひと桁から200万円オーバーまでと非常に幅広い。3代目スズキ・ジムニー

 道なき道をガンガン走って楽しむなら多少の傷やサビは気にせず格安のクルマを、メインカーとして通勤や街乗りにも使うなら年式が新しくコンディションのいいクルマ。いずれにせよ現行型よりは安いし納期も早い。なお7型と呼ばれるモデル以降は純正ECUの書き換えができるので、ブーストアップやタービン交換まで考えている人は、予算が多少オーバーしてもそちらを買った方が結果的にお得だ。3代目ジムニーのCPU

アフターパーツが豊富でリーズナブル

 もうひとつの理由は中古パーツが多く、外装にしろ機関部にしろ修理が安上がりなこと。軽い擦り傷や凹みは気にせずそのまま乗るのもアリだが、上記で触れたとおり初期モデルは23年前とだいぶ古く、ある程度の修理は覚悟しなければならない。

 仮にエンジンが壊れたとして普通にオーバーホールすれば20万円を軽く上まわるが、JB23の中古エンジンは4万円くらいから手に入るので、脱着やショートパーツを含めてもだいぶ安上がりなはず。何しろ3年前までは現行型だっただけに、絶版になった純正パーツもまだ聞かない。3代目ジムニー

 旧車にありがちな「修理したくてもできない」なんて状況は、しばらく先の話と考えていいと思われる。そしてパーツが豊富なのは純正の中古に限らない。カスタムするためのアフターパーツも多く、しかも普通車に比べリーズナブル。

 インターネットで調べると2インチのリフトアップスプリング、ダンパーと調整式ラテラルロッドのセットがいずれも2万円ほどで見つかるし、サブコンも1~2万円台と気軽に手を出せる価格帯だ。余談だが筆者も新たにJB23を手に入れたひとりで、ノーマルではいささかモノ足りず『ジムニーらしい』ルックスに仕上げてみた。3代目ジムニーのスプリング 上記の足まわりとタイヤ&ホイールに加え、前後のショートバンパーと牽引フックなど諸々を含め15万円かからず、車検がほぼ満タンの車両代と合わせても40万円。今のところトラブルの予兆すらなく、林道から街乗りまで大活躍している。コレが現行型の新車ならどうか。

現時点でもっともコストパフォーマンスに優れる3代目ジムニー

 グレードやオプションにもよるが乗り出しで160万円~、そこにパーツを追加すれば安く見積もっても200万円に迫る勢いだ。当然ながら現行型でしか味わえない魅力は多々あれど、JB23ほどラフに使うのを躊躇する価格なのは確かだろう。現行ジムニー リーフスプリングの足まわりやF6Aエンジンを採用した最終モデル、2代目のJA11も根強い人気を誇るが程度のいい車両は見つけにくいし、生産を終了した純正パーツもあり維持にはそれなりの覚悟と予算が必要。

 以上のように車両価格/タマ数/パーツの豊富さ/使い勝手を総合的に考えると、街乗りが中心にしろカスタムしてアウトドアで遊びまくるにしろ、現時点でもっともコストパフォーマンスに優れるジムニーは3代目のJB23かもしれない。

The post 新型が欲しいけど「納車待ち」がハンパない! 今人気のジムニーを狙うなら、あえて「3代目」をオススメする理由とは first appeared on AUTO MESSE WEB.

元の投稿: Auto Messe Web
新型が欲しいけど「納車待ち」がハンパない! 今人気のジムニーを狙うなら、あえて「3代目」をオススメする理由とは

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.