やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

改造車

四駆王国のスバルは悪路最強! 100万円以下で狙えるキャンプ御用達車3選

投稿日:

アウトドアで使える中古スバルのベストバイはどのモデルか?

 あのポルシェと同じ水平対向エンジン、そしてシンメトリカルAWDなど、スバリストと呼ばれるマニアから雪国のユーザーまで評価が高いスバルのクルマたち。しかもアウトドアカーとしても最強で最高だ。なにしろラインアップのほとんどが悪路に強く、ラゲッジルームの使いやすさを備えた、アウトドアに適したオールラウンダーモデルが多いからである。ここでは、そんなスバルのアウトドアカーの中古車を100万円以下の予算で狙ってみたい。さて、どんなクルマが選べるのか?SKフォレスターの雪上走行

先進安全装備充実で悪路走破性もピカイチ
「フォレスター(SJ型式)」

 まずは、スバルの本格派SUVの代表格と言っていいミッドサイズSUVのフォレスターだ。100万円以下の予算となると2013年モデルが上限。つまり、2012年に登場した4代目SJ系である。このモデルは、全長4595mm×全幅1795mm×全高1695mm、さらにホイールベースは2640mm、最低地上高が220mmのディメンションを持ち、日本の道路事情でも扱いやすいサイズと言える。

 室内寸法は室内長2095mm×室内幅1540mm×室内高1280mmとゆとりがあり、運転視界にはボンネット先端がしっかり見えて車両感覚がつかみやすく、本格SUVとしての機能もバッチリだ。パワーユニットは2L NAと2Lターボを設定し、トランスミッションはリニアトロニックCVTのほか、一部グレードに6速MTも用意された。SJフォレスターXTのフロントスタイル

 アウトドア派にとって気になるパワーテールゲートも備わり、ラゲッジルームは開口部地上高740mm(開口部に段差なし)、フロア奥行き940mm、フロア幅1070~1290mm、天井高800~884mmと余裕たっぷり。さらに後席格納時の拡大フロアはフラットで、奥行きはフロア部分で1515mm、最大1900mmに達するから、アウトドアでの荷物の積載も大容量を誇る。SJフォレスターのラゲッジルーム

 また、バックドア内側にフックが付いているので、屋外やアウトドアでちょっとした荷物を引っかけておくのに便利だった。唯一、惜しまれるのは、インプレッサベースであったため、後席エアコン吹き出し口がなかったことだが、2名+後席格納での使用なら関係ないとも言える。今、中古車を手に入れるなら、4代目から設定のあるアイサイトVer.2を装備したモデルを狙いたい。

The post 四駆王国のスバルは悪路最強! 100万円以下で狙えるキャンプ御用達車3選 first appeared on AUTO MESSE WEB.
元の投稿: Auto Messe Web
四駆王国のスバルは悪路最強! 100万円以下で狙えるキャンプ御用達車3選

AD336

AD336

-改造車
-

Copyright© やんちゃプレス , 2022 All Rights Reserved.