やんちゃプレス

旧車會・改造車、カスタムカー、VIPカー・ギャル系・オラオラ系・漫画や音楽など幅広い情報を収集、掲載するWebメディア

ワンピース

ベガパンク、シーザー、ジャッジ、クイーンの過去

投稿日:

現在のONE PIECE世界の科学をけん引していると言っても過言ではない4人の科学者。

9248.jpg

●“世界最大の頭脳を持つ男”Dr.ベガパンク

●“悪の科学者”シーザー・クラウン

●“科学の国ジェルマ王国国王”ヴィンスモーク・ジャッジ

●“疫災のクイーン”(やや過言気味?笑)

この4人は、過去に同じ研究チームに所属していたと考えられている。

それはこれらの発言より。

4775.jpg

ヨンジ「(父ジャッジは) かのDr.ベガパンクと共に兵器の研究をしていた」

シーザー「高飛車は変わらねェな!! ジャッジ!!」

クイーン「しかし一味に…ジャッジの息子がいるとは」

今回はこの4人が所属していた「海外の無法な研究チーム」と、その後について考えてみたい。

研究テーマと最大の成果

当時の研究チームのテーマは「兵器」

そのチームに共通の目的があったかどうかは定かではないが、それぞれが持ち寄った兵器的な技術はそこで共有され、より強力なものにブラッシュアップされていった事だろう。

現在のクイーンも所有している「レーザー」なんかは、ベガパンクが持ち寄った技術を共有したものだろう。(※ベガパンクと近しかった筈のシーザーがその技術を持ってないのは疑問だけど)

9250.jpg

そんな研究の中でもベガパンクの成した「生物の血統因子」の発見は偉業とされ、後の様々な研究の成果に繋がる事となった。

ベガパンクは「悪魔の実を物に食わせる技術」に活かし、

シーザーは「SAD&SMILE製造」に応用した。

そしてジャッジは、ジェルマの復権の為「クローン兵製造」と「子供達の改造」を完成させた。

クイーンの疫災弾の「ミイラ」や「氷鬼」にも、この血統因子周りの技術が応用されているのかな?

元の投稿: ワンピース.Log 考察/伏線/謎/予想/感想/まとめ
ベガパンク、シーザー、ジャッジ、クイーンの過去

AD336

AD336

-ワンピース
-

Copyright© やんちゃプレス , 2021 All Rights Reserved.